バンコクで働く医療コーディネーターTAKEのブログ(FC2版)

タイ・バンコクのSRS(性転換、性別適合手術、美容整形、植毛)やIVF(着床前診断、卵子提供、代理出産)など医療情報を日本語で発信しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

FTMのG様からのメール

ご無沙汰しております、****です。
タイでは、お世話になりました。

お礼のメールを帰国後すぐにでも
しようと思っていたのですが
帰国した翌日に「腸閉塞」になってしまい
2週間、日本の病院で入院しておりました。

手術後まもないのに
出かけたことや、疲労や
弱っている胃腸にかまわずに
普通にご飯を食べていたことが
原因かもしれません。

今後、タイで子宮卵巣摘出手術を
される方がいらしたら
入院中、退院後の食事や
日本帰国後も、しばらくは
過信せずに胃腸に優しい食事を
ゆっくり食べたほうがいいと
ぜひ、お伝え下さい。
しかし、これはごく当たり前の
ことかもしれませんね。


退院後の生活で
タクシーに乗って行き先を伝えるのが
困難な時、携帯で通訳していただき
大変助かりました。

ホテルのレストランは、日本食でおいしかったですし
ホテルの対応も良かったですね。
レストランの***様が、食べたいものが
あれば、作ってくれるとおっしゃって
おられたので、退院後しばらくは
食事をお粥など消化の良い食事にしてもらうのも
いいかもしれませんね。

携帯があって、すぐ連絡がとれて
翻訳してもらえたりと
振り返れば、不便なことは、なかったです。
退院後は、楽しくなってきて
帰るのが少し惜しいと思ったくらいです。

「転載承諾済みです。」

関連記事

| タイSRS体験談 | 04:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。