バンコクで働く医療コーディネーターTAKEのブログ(FC2版)

タイ・バンコクのSRS(性転換、性別適合手術、美容整形、植毛)やIVF(着床前診断、卵子提供、代理出産)など医療情報を日本語で発信しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

リスキーなアテンド業者の特徴

私(横須賀)が使ってはいけないと思っている「危ないアテンド業者」の特徴を書いてみます。

1:患者への説明が不足しているまたはできないアテンド業者

これは、「行ってはいけないアテンド業者」の筆頭格である。これほどインフォームド・コンセントが叫ばれているのに、患者が納得のゆく説明をしてくれないようなアテンド業者は、あえて依頼する意味はない。不信や不安を残したままでは、きっと治療もうまくいかない。

2:タイ語や英語などのスキルもなく「通訳」頼り交渉力のないアテンド業者

3:タイでアテンド業務をする条件であるタイの会社設立+ビジネスビザ取得+労働許可を無視している違法なアテンド業者

4:不平不満やクレームに向き合おうとしないプロ意識のないアテンド業者

どんなに腕のいいお医者さんが、どれだけ細心の注意を払っても、全ての手術ミスを100%に防ぐことは不可能です。また、どんなに注意しても看護師やスタッフが何らかの不手際をして、患者に不愉快な思いをさせることも時にはあるでしょう。
サービスは人間が提供するものですから、問題点をゼロにすることはできません。ただ、トラブルにどれだけ真摯に取り組むかどうかは、アテンド業者の質に大きく関わっています。
営業時間外と言って患者からの電話に対応しない業者が存在するそうです。

上記の問題はGID学会沖縄大会でも議題に上がるかもしれません。

関連記事

| タイのアテンド業者についての考察 | 00:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。