バンコクで働く医療コーディネーターTAKEのブログ(FC2版)

タイ・バンコクのSRS(性転換、性別適合手術、美容整形、植毛)やIVF(着床前診断、卵子提供、代理出産)など医療情報を日本語で発信しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

女性器の形は人それぞれです。(SRS手術の結果も人それぞれなのです。)

18歳以上400人の女性器を型取りして並べたアート「The Great Wall of Vagina」


イギリスの芸術家Jamie McCartney氏が20カ国の18歳以上の女性、400人から協力を得て作成したものがこの「The Great Wall of Vagina」です。全部で10枚、長さ9メートルに及ぶ巨大な作品となっています。

構成する内容は、母親とその娘・一卵性双生児・性転換した男性や女性など、多種多様に構成されているそうです。
作者いわく「多くの女性にとって生殖器の外観がどうなっているかは心配の種ですが、私はその問題について何かすることのできる位置にいました」ということで、女性によってそれぞれ異なった形をしているのが当然であり、何ら不安に思うことはないのだということも示してくれます。

なお、以下は2010年に行われたときのもので、この時点では200人の女性、5枚のパネルとなっており、実際の型取りの様子が記録されています。


インタビューされている女性に羞恥や暗さが微塵も無いですね。

製作者のサイトはhttp://www.greatwallofvagina.co.uk/です。
関連記事

| SRS/MTF | 21:44 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。