バンコクで働く医療コーディネーターTAKEのブログ(FC2版)

タイ・バンコクのSRS(性転換、性別適合手術、美容整形、植毛)やIVF(着床前診断、卵子提供、代理出産)など医療情報を日本語で発信しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

タイに大金を持って行くのは危険ではないですか?

【 質問 】

御社のサイトには「手術費用は現地タイで手術前に清算(現金またはクレジット・カード)となります。」とありますが、クレジットカードを使わないとなるとタイに約60万の大金をそのまま持っていかなきゃいけないのですか?危険ではありませんか?

【 回答 】

現金の場合は数箇所に分けてお持ちいただくことをお勧めします。

または、事前に必要な資金をタイに国際送金する方法もありますので、ご検討下さい。


銀行の場合:

STEP 1
まず始めにお近くの銀行へ出向く事から始まりますが、海外送金では全世界に支店がある東京三菱UFJ銀行がやはりお勧めだと思います。もちろん大手の銀行でも行っていますが、中小の銀行や小さな支店などは行員が手順を知らない場合もありますので、最初に電話で「海外(タイ)に送金をしたいのですが、可能ですか?」と尋ねておく方が良いでしょう。

STEP 2
銀行へ出向き「外国送金依頼書」の記入を行います。
依頼書には受取人の銀行名、支店名、銀行の住所、国名(タイ王国)、口座番号、受取人の氏名、住所、電話番号の記入を行います。円建てで送ると有利です。

STEP 3
送るお金以外に必要となるのが送金手数料ですが、基本手数料と地域別手数料が掛かって参ります。「円建て」送金の場合、通常の送金手数料プラス円為替手数料(送金額の0.1%)及びタイでの手数料500バーツ程度がかかります。

送金手数料について

三菱東京UFJ銀行の場合:

送金基本手数料  3,500円
円為替取扱手数料 2,500円
地域別手数料(タイの場合) 1,500円
合計:7,500円

送金手数料は送金金額300万円までの場合です。
送金金額が300万円以上の場合には送金金額の200分の1が必要となります。

所要日数は約4日間(電信送金)、約1週間(普通送金)となっていますが、実際には普通送金でも4日間程度で着金しています。
関連記事

| よくある質問と回答 | 10:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。