バンコクで働く医療コーディネーターTAKEのブログ(FC2版)

タイ・バンコクのSRS(性転換、性別適合手術、美容整形、植毛)やIVF(着床前診断、卵子提供、代理出産)など医療情報を日本語で発信しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

声の女性化の詳細ページがオープンしました。

声の女性化の詳細ページができましたので、お知らせいたします。

http://tsgcomori.thaisrs.com/ (PC・携帯ともにこのアドレスです)

手術をお考えの方の参考になれば幸いです。


【手術に行くまで】

◆お酒・刺激物(辛いもの)等をなるべく控える
◆タバコは1か月前からやめる
→タバコを吸うと声帯が腫れて盛り上がり、声帯の間に隙間が出来やすくなるため、嗄声(させい・かすれ声のこと)になりやすくなります。術後は特に弱った喉にダメージを与えます。どうしても止められない方は、病院や薬局等の禁煙ガムやパッチなどを利用する方法もあります。

◆風邪をひかないように注意する(健康状態の管理)
→喉の状態が良くないと、スケジュール通りに手術が受けられないことがあります。1か月前から健康管理をまめに。

◆耳鼻咽喉科で声帯の写真を撮ってもらう
→ヨーサガン・クリニックで手術を受ける場合、声帯の撮影の出来るスコープのある耳鼻咽喉科で術前の声帯の写真を撮ってもらっておくと、術後に日本に帰ってきた後に役立つことがあります。術後の回復の経過が芳しくないときに再度写真を撮影してもらい、それをタイの先生に確認してもらうというように使います。
ノンカム・フルタイムで「近くの病院を利用したくない」という方は、なるべく若い先生のいる個人病院等を探してみると良いかもしれません。事前に電話をして「声帯の写真を撮ってもらえるか」「その写真をもらうことは出来るか」ということを確認しておけば無駄足を踏まずに済みます。
ヤンヒー病院での術式の場合は、声帯を直接いじるわけではないので写真を撮らなくても大丈夫でしょう(☆手術直前の検査で撮ることもあるそうです)

関連記事

| 声の女性化 | 22:12 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

4ヶ月早く出ていたら、参考に出来たのに!
私の方は、術後3ヶ月を過ぎたところです。
カラオケも解禁になりますが、歌える曲がないのが現状です。
いろいろ情報が出ているということは、声の女性化をする人も多くなったということでしょうか?

| die neue Frau | 2008/09/27 08:01 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。