バンコクで働く医療コーディネーターTAKEのブログ(FC2版)

タイ・バンコクのSRS(性転換、性別適合手術、美容整形、植毛)やIVF(着床前診断、卵子提供、代理出産)など医療情報を日本語で発信しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

MTF手術の受けるクリニック選びのポイントは?

【 質問 】

質問なのですが、外見だけでクリニックを選択しない方が良いとのことですが、クリニックを選択する際はどういった点に注意して選べば良いのでしょうか?


【 回答 】

例えばスポーン・クリニックの外性器形成は他のクリニックに比べて術式が違うためたいへん自然な感じに仕上がります。また陰茎と陰嚢の状態に関わらず6インチの深さの膣を保障してます。
しかし反面、術後2~3ヶ月後の膣の萎縮が極めて強いので日常生活に支障が出ます。
会社勤めの方ではほぼ仕事にならない状態になりかねません。より自由業の方に向いていると思います。

ガモン・クリニックは外性器の仕上がりと料金のバランスが良いと思いますが、陰茎と陰嚢の状態によっては深さが4インチ程度しか確保できないケースもあります。
この問題は現在では他の部位などからの皮膚移植でカバーでいますが、せいぜいプラス1インチ程度です。


クリニック選びのポイント

1.いつの深さはどこまで必要なのか?
パートナーがいる方はパートナーの外性器の長さが長い場合、4インチ程度の深さでは支障が出る場合があります。

2.メンテナンスの容易さはどうか?
術後長い間膣の拡張作業をしなければならないのに、この作業をサボる人がいます。
このような性格に人には結腸法による手術を検討する必要があると思います。


このように人それどれ術後の仕事や生活設計によって術式とクリニックを決めることが大切であると思います。

当社はこのような観点から、効率が悪いのを承知で手術先を1つに限定せず複数の手術先をご案内しています。

関連記事

| SRS/MTF | 21:02 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

時々サボってます。
基本は1日2回にして、間隔も10時間以上に設定しています。
が、ダイレーションのタイミングで寝てしまったときなんかは、抜けてしまうことも多い。
今のところ、12cm以上は挿入できています。
今日で術後87日になります。

| die neue Frau | 2008/09/05 06:12 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT