バンコクで働く医療コーディネーターTAKEのブログ(FC2版)

タイ・バンコクのSRS(性転換、性別適合手術、美容整形、植毛)やIVF(着床前診断、卵子提供、代理出産)など医療情報を日本語で発信しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ダイレーター保持補助具の製造販売開始しました。

ダイレーター保持補助具の製造販売開始しました。

これを使ってMTF手術後の患者様のダイレーションが少しでも楽になりば本望です。

ダイレーター保持補助具


ダイレーター保持補助具を使う際は以下の点にご留意下さい。

1.まず手でダイレーターを十分奥まで挿入してから使用する。

2.途中まで挿入してこの保持補助具で引っ張って挿入するようなことはしないで下さい。

3.角度のコントロールするのが難しいと思いますが、できればやや上向き(お腹の方向)、最低でも水平になるように調整してください。間違っても下向き(背中向き)にテンションをかけることがないようにして下さい。

4.QCゼリーは奥まで届くように意識して塗ってください。奥にQCゼリーが無いと摩擦によって擦り傷などが慢性的に発生して炎症の原因となります。

P1040168-2.jpg

写真のように予めビニールシートなどの上に吸収シートの上に準備してからお尻を乗せて、相撲の廻しの様に患部(局部)をカバーしてから胸の位置で両手または片手で頭の方に引きテンションをかけた状態で保持します。

そのままテレビなど見ながらダイレーションしましょう。痛みが出てきたらテンションを弱めて下さい。
痛みが引いてきたら再度テンションをかけてください。

痛みが強い場合は事前に「鎮痛剤(痛み止め)」を服用してダイレーションしてください。


購入希望の方はこちらからご購入下さい。→【TSGC】 SRS・美容関連用品オンライン販売

関連記事

| お勧めアイテム | 19:20 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT