バンコクで働く医療コーディネーターTAKEのブログ(FC2版)

タイ・バンコクのSRS(性転換、性別適合手術、美容整形、植毛)やIVF(着床前診断、卵子提供、代理出産)など医療情報を日本語で発信しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

手術前に性器の大きさはどれくらい必要でしょう?

【 質問 】

性器の大きさはどれくらい必要でしょう?
少し小さめなので心配です。

【 回答 】

ガモン・クリニックの場合:

材料が不足気味で膣の深さが十分できない事が想定される場合は以下の方法があります。

1.そけい部やお腹の皮膚を移植して深さを出す。(追加費用が6万バーツ必要です。)
2.それでもなお膣の深さが十分でない場合はS字結腸を使う手術に切り替える(追加費用が105,000バーツ必要です。)

スポーン・クリニックの場合:

術式が他と違い陰茎の皮を膣として利用しないので、どんなに性器が小さくても最低6インチは造膣できますので、材料不足を気にする必要はありません。



スポーン・クリニックの場合は下の写真の状態でも6インチ以上の造膣が可能です。
手術前の陰茎
関連記事

| SRS/MTF | 00:12 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。