バンコクで働く医療コーディネーターTAKEのブログ(FC2版)

タイ・バンコクのSRS(性転換、性別適合手術、美容整形、植毛)やIVF(着床前診断、卵子提供、代理出産)など医療情報を日本語で発信しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

外国人事業法の改正案

タイのソラユット内閣は外国人事業法の改正案を承認しています。

最も外国人にとって大きな改正点は、外国人持株比率が49%でも、議決権
比率は過半数という、実質的には外国人の支配下にありながら、事業内容に制限の少ないタイ企業としてのステータスを得ている似て非なるタイ企業が、外国企業とされる分類される点です。

また外国人事業法違反について、懲役3年以下が5年以下に、罰金10万バーツ以上100万バーツ以下が50万バーツ以上500万バーツ以下と罰則が厳しくなります。

今後は今までのように名義を借りての起業ははなはだ困難となり、タイ人配偶者でも居ない限り、タイでは起業するのは至難の技となる感じです。
関連記事

| タイ国内関連ニュース | 14:11 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。