バンコクで働く医療コーディネーターTAKEのブログ(FC2版)

タイ・バンコクのSRS(性転換、性別適合手術、美容整形、植毛)やIVF(着床前診断、卵子提供、代理出産)など医療情報を日本語で発信しています。

2015年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

潮目が変わる「代理出産はインドからジョージアへ」

【10月29日 AFP】インド政府は28日、外国人がインド人女性を代理母とした代理出産を利用することを禁じる方針を明らかにした。活況に沸く同国の代理出産業界にとって大きな痛手となることが予想される。

インドでは近年、安価で合法的かつ手軽に代理出産を依頼できることから、子どものいない外国人カップルが殺到。健康産業界は、インドにおける代理出産市場の規模を90億ルピー(約170億円)、年間成長率を20%と見積もっている。

その一方で、法整備の欠如から代理出産でインドの貧しい若い女性たちが「子宮を貸し出す」事態になっているとの批判も出ている。

政府は、代理出産業界に関する申し立ての審理が行われている最高裁判所に提出した宣誓供述書のなかで、「商業代理出産を政府は支持しない」としたうえで、「外国人は、インドの代理出産サービスを享受することはできない」と表明。代理出産は「インド人の夫婦のみ」が利用できると明言した。(c)AFP/Trudy HARRIS

http://www.afpbb.com/articles/-/3064651
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151029-00000016-jij_afp-int

こうなりますと、ジョージアの代理出産がますます注目されるようになるでしょう。
http://www.georgiasurrogacy-japan.com/
関連記事

| 卵子提供・代理出産 | 14:08 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

gid.jp フォーラム39th 2015 in 関西

性同一性障害の当事者にとって家族とは?
~親としての視点を通して~

 日本の社会において、家父長的な家制度の意識はまだ根強く残っているとはいえ、家族の形態は着実に多様化し、それに伴ってさまざまな課題が生じています。
 そのような中で、性同一性障害の当事者がどのように家族を形成するのか、家族とどのような関係をつくるのかなど直面する課題はさまざまで、抱える悩みは深刻です。
 そこで、今年度の関西フォーラムを、「性同一性障害の当事者にとっての家族」という趣旨で、3人のパネリストによる講演を企画しました。
 まずは、「当事者が子どもを持つ」という視点から、「ジー・アイ・ディー KAZOKUの会」の前田良様と「公益社団法人家庭養護促進協会」の和田靜様のおふたりの方にご講演をいただきます。
 前田良様からは、性別の戸籍変更後、奥様との間でAIDでもうけられた子どもさんの出生届が非嫡出子とされたことに疑問を持ち裁判を開始され、2013年12月に最高裁で親子関係が認められるまでの経緯や今後の子どもさんへの告知など家族をめぐるお話をいただきます。
和田様には、本年度のGID学会で報告され、家庭養護促進協会が支援され、性同一性障害の当事者が特別養子縁組で母親として大阪家庭裁判所で認められた経過を、そのご夫妻が子どもさんと出会い、親子になっていく姿を通してお話をいただきます。
 最後に、「家族との関係を保ちながら当事者として生きる」という視点から、本支部の倉嶋麻理奈が講演をおこないます。
 講演終了後は、参加された方々からもさまざまなご意見をいただき、パネリストの方と共にGID当事者と家族の関係について考えていきたいと思います。
 多くの皆様のご参加をお待ちしております。


【日時】
2015年11月29日(日) 13:00~16:45

【プログラム】
12:30      開場・受付開始
13:00~13:10 開会と諸注意
13:10~14:00 講演1 前田 良さん
           『僕は父親になった』
14:00~14:10 休憩
14:10~15:00 講演2 和田 靜さん
           『「愛の手運動」を通じて、親子になる
            ~ 家庭養護促進協会の活動について ~』
15:00~15:10 休憩
15:10~16:00 講演3 倉嶋 麻理奈
           『橋を架け直す』
16:00~16:45 パネルディスカッションと質疑応答
16:45 閉会
17:30~     懇親会

【会場】
大阪市立淀川区民センター 第1会議室
  大阪市淀川区野中南2-1-5
   TEL:06-6304-9120
阪急十三駅下車 徒歩10分
http://osakacommunity.jp/yodogawa/sisetu.html

【定員】
60名程度
※ ご予約は不要です。
席は先着順となります。


【参加費】
1,000円(会員・一般)
高校生以下 無料(同等年齢含む)

学生証または公的身分証明書をご提示ください。

【講師紹介】
 前田 良(まえだ りょう) 様
   ジー・アイ・ディーKAZOKUの会代表

和田 靜(わだ しずか) 様
  公益社団法人 家庭養護促進協会 大阪事務所 ケースワーカー

倉嶋 麻理奈(くらしま まりな)
  一般社団法人 gid.jp 日本性同一性障害と共に生きる人々の会 副代表・関西支部長




【参加対象】
性同一性障害に理解・関心のある方であればどなたでもご参加いただけます。
性同一性障害の当事者の方や性別違和をお持ちの方、そのご家族、教育関係の方、
医療機関の方、研究者の方などぜひご参加ください。
※ 取材の方は、必ず事前にお問い合わせください。


【参加申込】
本フォーラムは、一般公開です。
参加申込は必要ありません。当日直接会場にお越しください。
※ 取材の方は、必ず事前にお問い合わせください。

【懇親会】
フォーラム終了後、17:30より、会場を変えて懇親会を行います。
参加費は別途(3,000円程度)必要となります。

【注意事項】

本フォーラムは一般公開です。参加者は、各自でプライバシー保護にご注意ください。
※ 会場においては、係員の指示に従ってください。
※ 他の参加者に迷惑や不快となる言動を行われた場合、退場していただく場合がございます。
※ 許可無く、会場内での撮影や録音は、お断りいたします。
※ ご了承いただける方のみ、インタビュー等の取材をさせていただくことがございます


【問合せ先】
一般社団法人 gid.jp 日本性同一性障害と共に生きる人々の会
関西支部
  e-mail : meeting-kansai◎gid.jp (送信する際は◎を@に書き換えてください)
本部
  e-mail : info-center◎gid.jp (送信する際は◎を@に書き換えてください)
  TEL : 03-6722-6622
  ホームページ : http://gid.jp
関連記事

| GID.JP関連のお知らせ | 13:16 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ガモンホスピタルでのSRS予約は何ヵ月待ちでしょうか?何ヵ月前迄に予約を入れるべきか教えて下さい。

何ヶ月前なら100%手術予約が入るという保証できる期間はありませんが、3ヶ月前ならその後の術前検診や書類作成などを考慮しても余裕を持って進められます。

もし、1ヶ月前ですと以下の3つが揃っていれば予約可能です。

1. パスポート取得

2. 術前健康診断受診

3. GID診断書(英文)取得

手術時期がお決まりになり次第に下記のフォームから仮予約いだければ幸いです。

MtF仮予約申し込みフォーム
(PC):http://www.thaisrs.com/form/easymail/mail.cgi?id=prebookingmtf
(スマホ):http://www.thaisrs.com/form/easymail/spmail.cgi?id=prebookingmtf
(携帯電話):http://www.thaisrs.com/form/easymail/imail.cgi?id=prebookingmtf

FtM仮予約申し込みフォーム
(PC):http://www.thaisrs.com/form/easymail/mail.cgi?id=prebookingftm
(スマホ):http://www.thaisrs.com/form/easymail/spmail.cgi?id=prebookingftm
(携帯電話):http://www.thaisrs.com/form/easymail/imail.cgi?id=prebookingftm

017-1手術申し込みからタイ渡航までの流れは?①017-2手術申し込みからタイ渡航までの流れは?②
017-3手術申し込みからタイ渡航までの流れは?③018仮予約ってなんですか?
関連記事

| MtF関連 | 14:42 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

GID.JP 北東北支部交流会のご案内

北東北支部交流会のご案内

みなさんこんにちは。GID当事者の方にとって悩みは常につきもので、ときには気が休まらないときもあるのではないでしょうか?
自分はこれからどうしていきたいのか?またどうやって道を切り開いていったらよいのか?
一人で悩んでも解決の糸口が見つからないとき、ご自分と似たような環境や状況の人はどうやって乗り切っているのか聞いてみたいと思いませんか?
また、今はなかなか前向きになれないけどとにかくツライ・・・今の思いのたけを誰かに聞いてほしい。そんな方はいませんか?

今回の北東北支部の交流会は講演スタイルではなく、ゆったりとしたディスカッション形式でお互いに悩んでいることや解決法などを少人数のグループに分けて自由に話し合う時間を設けたいと思います。また、初めて参加される方の緊張が和らぐようにゲームもご用意いたしております。
この機会に今後のご自分の方向性を明確にしてみてはいかがでしょうか?
みなさまのご参加をお待ちしております。


【日時】:2015年 11月 22日 (日)13:30~17:00 (開場13:15)

13:15~ 開場
13:30~ 開会・諸注意・交流会の内容説明
13:40~ 交流会・ゲーム
 15:40~ 休憩
16:00~ 交流会・ディスカッション内容のまとめ
16:40~ 閉会・片付け
17:00  終了
 18:00~ 会場を改め懇親会

【会場】:盛岡市内の公共会館の会議室
※ 参加申込いただきますと、詳しい場所をご連絡いたします。

参加費 :gid.jp会員 500円 (会員のご家族・パートナーも含む)
非会員 1000円 (当日入会も可能です)
高校生以下(同等年齢含む) 無料
(学生証か年齢を確認できる公的証明書をご提示ください)


参加申込: 参加される方のお名前(通称可)と、参加人数をお書きになり、
meeting-northtohokuアットマークgidドットジェイピー まで、お申し込みください。折り返し、開催場所と詳しい案内をお知らせ致します。
※ 携帯メールをご利用の方は、「gid.jp」からのメールを受取許可に設定してください。
※ Yahoo!やhotmailなどのフリーメールをご利用の方は、迷惑メールに仕分けされてしまうことがありますので、ご注意ください。

懇親会 :交流会終了後、会場を変えて懇親会を行います。参加費用は別途3000円程度になります。場所は、当日ご案内いたします。懇親会だけの参加も可能ですので、
お問い合わせください。

参加対象 :gid.jp会員の方、性同一性障害当事者の方、ご自分の性別に違和感のある方、性別について悩んでいる方、およびそのご家族、ご友人の方、支援者の方、医療や研究者の方だけでなく、性同一性障害に理解・関心のある方であればどなたでもご参加いただけます。また、性同一性障害に関して相談したい方、gid.jpの活動に興味のある方などもどうぞご参加ください。
※ 取材や研究目的の方は、必ず事前にお問い合わせください。
関連記事

| GID.JP関連のお知らせ | 20:19 | comments:19 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |