バンコクで働く医療コーディネーターTAKEのブログ(FC2版)

タイ・バンコクのSRS(性転換、性別適合手術、美容整形、植毛)やIVF(着床前診断、卵子提供、代理出産)など医療情報を日本語で発信しています。

2013年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

様々な連絡(コンタクト)のさまざまな方法

日本からのタイへの電話での問い合わせは050-5857-7572 (IPフォーン)までお願いします。

タイ国内の携帯電話081-372-5724または092-251-9883(横須賀)となります。

問い合わせ時間は12:00~24:00の間でお願いします。

またはiPhoneなどのスマートフォンをお待ちの方は以下のサービスから連絡可能です。

⇒ スカイプ:jwcbangkok

⇒ LINE:jwcbkk
関連記事
スポンサーサイト

| 各サイトの更新情報 | 15:11 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

gid.jp 7月北陸(高岡)交流会のお知らせ

~ ホルモン療法について正しく知ろう ~
講演 女性クリニックWe! TOYAMA 院長 種部恭子先生

ホルモン療法は、性同一性障害の当事者にとって、ほぼ最初に行う身体的治療で
あり、待ち望んだ本来の性別を取り戻す第一歩とも言えます。

しかしながら、どのくらいの量をどれくらいの間隔で行えば良いのか、注射や経
口剤、貼付剤、クリーム、などの種類、あるいは薬品名による違いなど多種多様
な選択があり、正確な情報を知ることを困難にしてます。
更に、ホルモンを摂取することにより、どのような副作用があるのか、その対策
は、検査は、長期服用しても大丈夫?など、考えておかなければならないことも
たくさんあります。
特に個人輸入などでされている方は要注意。自己責任とは言え、あなたは危険に
さらされているかもしれません。
そこで、今回はホルモン療法に詳しい、女性クリニックWe! TOYAMA 院長の種部先生をお招きして、専門的なお話しを伺います。これで、
ホルモンに関する疑問、悩みも一気に解決です。

講演の後は種部先生を交えて交流会を行います。
悩みや困っていること、治療のこと、職場のこと、家庭のこと、カムアウトの事
など何でもみなさんで一緒に考えて行きましょう。

ホルモンをすでに始められている人はもとより、これから考えている方、ご自分
の性別に違和感のある方、性同一性障害の当事者の方、そのご家族やご友人の方、関係者の方・・・どうかご参加ください。
多数のご参加をお待ちしております。

【日時】
7月20日(土)14:00~18:00

13:30 開場
14:00 開会・注意事項等
14:10 参加者自己紹介
15:00 種部先生講演・質疑応答
15:30 休憩
15:40 全体交流
17:50 閉会・片付け
18:30 懇親会

【会場】
富山県高岡市内の公共会館の会議室
参加申し込みされた方には、折り返し詳しい案内をご連絡いたします。

【参加費】
会員 500円 (会員のご家族・パートナーも含む)
非会員 1000円 (当日入会も可能です)
高校生以下(同等年齢含む) 無料
(学生証または年齢を確認できる公的証明書をご提示ください)

【講師】
種部恭子(たねべきょうこ)先生
女性クリニックWe! 富山 院長・産婦人科医 医学博士

平成2年 富山医科薬科大学医学部附属病院
平成3年 愛育病院産婦人科
平成4年 黒部市民病院産婦人科
平成10年 富山医科薬科大学医学部 産科婦人科学助手
平成12年 同 附属病院 産科婦人科医局長・外来医長
平成15年 済生会富山病院産婦人科医長
平成18年 女性クリニックWe富山 院長

専門は生殖医療(内分泌・不妊)、思春期、更年期、性差医療・女性医療。
思春期婦人科診療や性教育をはじめ、女性を取り巻く社会問題に関する社会啓発活動も積極的に行っている。平成21年第41回中日教育賞受賞。

内閣府男女共同参画会議 女性に対する暴力に関する専門調査会委員
富山県教育委員会教育委員
富山県医師会 常任理事
富山県産婦人科医会 理事 など多数歴任

【懇親会】
交流会終了後、会場を変えて懇親会を行います。
参加費用は、別途になります(3000円程度)。
場所は、当日ご案内いたします。
懇親会だけの参加も可能ですので、お問い合わせください。

【参加対象】
gid.jp会員の方、性同一性障害当事者の方、ご自分の性別に違和感のある方、性
別について悩んでいる方およびそのご家族、ご友人の方、支援者の方、研究者の
方など性同一性障害に理解のある方であればどなたでもご参加いただけます。
また、性同一性障害に関して相談したい方、gid.jpの活動に興味のある方なども
どうぞご参加ください。
※ 取材や研究目的の方は、必ず事前にお問い合わせください。

【参加申込】
参加される方のお名前(通称可)と、参加人数をお書きになり、
meeting-hokuriku☆gid.jp (☆は@に変更ください)まで、お申し込みください。
折り返し、開催場所と詳しい案内をお知らせ致します。
※ 携帯メールをご利用の方は、「gid.jp」からのメールを受取許可に設定してく
ださい。
※ Yahoo!やhotmailなどのフリーメールをご利用の方は、迷惑メールに仕分けさ
れてしまうことがありますので、ご注意ください。

北陸支部 上田陽奏(うえだはるか)
関連記事

| GID.JP関連のお知らせ | 23:25 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

前外側大腿皮弁+ミニ前腕皮弁について

先日、久々にサイトを拝見したところ、ガモンホスピタルの陰茎形成術について、「前外側大腿皮弁+ミニ前腕皮弁」という選択肢が増えていることに気づき、興味を持ったのでメールいたしました。
術式についてはガモンホスピタルのホームページにも一応目を通しましたが、確認のため質問させて下さい。

【 質問と回答 】

①この術式は、いつからガモンホスピタルで行われるようになったのですか?
症例がありましたら、症例数と形成結果(機能面、審美面)と予後について教えて下さい。
また、他の病院(他国含む)でこの術式を取り入れているところはありますか?

2012年9月 初めて行われました。 まだ1例のみ。
だいぶ大きな陰茎が出来上がりました. 排尿に問題は、今のところ出ていません。
ガモン先生が知る限りの情報では、タイで行っているのは当院のみで、他国ではHolland(オランダ)で、行われているそうです。

②睾丸インプラント・陰茎インプラントに、万が一支障が出た場合、両インプラント無しの状態でも日常生活(排尿など)を行えますか?

インプラントなしでも、排尿は行えます。

③大腿部のドナーへ移植する皮膚は、どこから切り取ってくるのですか? 反対側の大腿部でしょうか?
反対側でも、またはドナー部位と同じ足の使われてない大腿の皮膚を使用することも出来ます。

④この術式だと、ステップ1~4まであるとのことですが、ステップ毎に逐一、計4回渡航する必要があるということでしょうか?

完成度を追求していくと、そうなると思います。
ステップ1―――膣閉鎖+尿道延長
ステップ2―――陰茎形成(前腕内側から尿管形成して使用)とともに尿管接続
ステップ3―――亀頭形成の他、陰茎の形状修正とか必要かもしれません。
ステップ4―――睾丸インプラント、陰茎インプラント

⑤この術式は、尿管について、他の陰茎形成術と同様に、ゴムチューブを前腕に埋め込み育てるなど必要がありますか?

前腕に埋め込み育てる必要はありません。

⑥これは素朴な疑問なのですが、陰茎形成において、なぜ前腕を使用る場合は前腕の外側ではなく、内側なのですか?
また、大腿部に関しては逆に、なぜ内側ではなく、外側を使用するするのですか?
恐らく、解剖学的・機能的な理由があると思いますが、それを具体的に確認しておきたいです。
恐れ入りますが、病院に確認していただけないでしょうか?

前腕は内側に、大腿部は、外側に血管があるからだそうです。
関連記事

| SRS/FTM | 19:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2013年 7月 南東北(いわき)交流会 のお知らせ

~交流会  「みんなの体験談を聞こう!&ホルモン治療について学ぼう!」~


梅雨の時期になってきましたが、
みなさんいかがお過ごしでしょうか。

南東北支部で交流会を福島県いわき市で開催する運びとなりましたので、
ご案内をさせて頂きます。


今回はGID治療の関する実体験談を数名に語っていただいたあと、
ホルモン治療の作用・副作用について実際に医師に講義していただき、
意見交換等を行う予定です。
是非ご参加ください。


ご自分の性別に違和感のある方、性同一性障害の当事者の方、
そのご家族やご友人の方、関係者の方、、、どうかご参加ください。
クローズドな会なので、プライバシーが漏れる心配はありません。
服装も、気にする必要はありませんし、普段押さえ込んでいる感情も、
ここではその必要はありません。
みなさんで、じっくりお話ししましょう。


日時 2013年 7月 15日(月・祝)

13時30分~16時30分
13:00 開場
13:30 開会挨拶・諸注意
13:35 実体験談の発表
15:00 ホルモン治療についての講義
15:30 質疑応答など
16:30 閉会
17:00 懇親会

会場 福島県いわき市内
※ ご予約いただきますと、詳しい場所をご連絡いたします。

参加費 会員 500円 (会員のご家族・パートナーも含む)
非会員 1000円 (当日入会も可能です)
高校生以下(同等年齢含む) 無料
(学生証または年齢を確認できる公的証明書をご提示ください)

尚、懇談会は費用別途になります。(1500円程度)


参加資格 gid.jp会員の方、GID当事者の方、およびそのご家族、ご友人の方、
支援者の方、研究者の方などGIDに理解のある方であれば
どなたでもご参加いただけます。
また、性同一性障害に関して相談したい方、gid.jpの活動に興味のある方なども
どうぞご参加ください。 初めての方でも、歓迎致します。
※ 取材や研究目的の方は、必ず事前にお問い合わせください。
meeting-southtohoku◎gid.jp (◎は、@に変えてお送りください)まで、
お申し込みください。

お申込みの際には、以下の内容をお教えください。
①参加人数と名前(通称名でも可)。
②交流会のみ参加か、交流会と懇談会の両方参加か。
③会員か、非会員か(会員でなくても参加OK)

折り返し、開催場所と詳しい案内をお知らせ致します。
その他質問がある場合も、上記へメールしてください。
※参加申し込みはできるだけお早目にお願い申し上げます。

みなさんに会えることをとても楽しみにしています!
関連記事

| GID.JP関連のお知らせ | 12:43 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ガモン・ホスピタル内にメディカル・スパがオープン

ガモン・ホスピタルの一階にメディカル・スパがオープンしました。
300バーツからとリーズナブルな料金です。
手術後は身体のマッサージはできませんが、足や首、肩、頭のマッサージはお勧めです。
弊社のお客様が特別な料金になるように現在交渉中です。

medical-spa01_1.jpg
medical-spa02_1.jpg

関連記事

| ガモン病院 | 00:57 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。