バンコクで働く医療コーディネーターTAKEのブログ(FC2版)

タイ・バンコクのSRS(性転換、性別適合手術、美容整形、植毛)やIVF(着床前診断、卵子提供、代理出産)など医療情報を日本語で発信しています。

2012年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

手術療法を受けられる方へ(山本 欄様のMLへの投稿記事)

非常に重要な内容でしたので、GID.JPのMLへの投稿記事をご本人の許可を得て転載致します。

山本 蘭です。
毎日暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか?

みなさんの中には、乳房切除やSRSと言った性同一性障害の手術療法を望まれ
ている方が数多くいらっしゃるかと思います。

しかし、すでにご存じの方も多いかと思いますが、先日あるFTMの方が乳房切
除手術を受けられ、手術中に死亡するという医療事故が発生致しました。
http://blog.crooz.jp/banana1210/ShowArticle/?no=43
ご本人の悔しさ、家族の悲しみや痛みなど察するに余りあります。
この方のご冥福を、心よりお祈り申し上げます。

すでにどの医療機関で起きたかは把握しておりますが、当人のご家族とまだ連絡
がついていないことと、伝聞でもあるためここでは公表を差し控え指して頂きま
すが、新宿にある個人のクリニックであるとだけお伝えしておきます。

尚、会からもご家族の方へはアプローチを試みておりますが、もしこのMLを受
け取っていらっしゃる方で親しい方がいらっしゃれば、仲介をお願いできれば幸
いです。

手術には、当然リスクが伴います。死亡事故も皆無とは言えません。
タバコを吸っているかどうかとか、既往症、体力とか体調によっても変わってき
ます。
特に全身麻酔を要する手術は尚更で、そのため全身麻酔が必要な手術は行わない
としているクリニックもあるくらいです。

それでも、医療側の技術が高く、またバックアップを含めた体制が万全である中
で起きたのであれば、「運がわるかった」であきらめもつくでしょう。
でも、そうでないのであれば、それは事故ではなく、傷害であり犯罪です。

今回事故を起こしたクリニックの医師は、形成外科医でも外科医でも無いようで
す。
もちろ日本の医師法では医師はどのような治療も行って良いことにはなっていま
す。しかし、ここまで医療が高度になり、それぞれの専門性が要求される中で、
緊急時であるならともかく、充分な知識や経験がない分野を手がけるというのは
いかがなものかと思います。ましてやそれが繊細な処理が要求される形成外科の
分野においては尚更です。

そうは言っても、なかなかそれを判断するのは難しいかも知れません。
しかし、事前にある程度のチェックはできます。
例えば、
1.形成外科の専門医であること、
2.希望する手術について、何例も症例経験があること
3.手術に立ち会う医師の人数
4.麻酔医の有無
5.緊急時の体制(緊急搬送が可能かどうかなど)
6.入院が可能かどうか
7.万一不具合が生じた際に、再手術等の対応が可能かどうか
8.評判はどうなのか(同じ所で手術を受けた方の声など)

などでしょうか。
全てを満たすのは難しいかも知れませんが、1と2は必須でしょう。

特に「キャンペーンで今なら安い」というのは要注意です。
手術にはそれなりに費用がかかるものであるので、安くするということには何ら
かの理由があるはずです。

とにかく、事前にカウンセリングを受け、納得いくまで説明を聞くことが大事で
す。「大丈夫」という言葉を安易に信じてはいけません。
そして、やはり同じ手術を受けた方の感想を、生で確認するのが良いでしょう。
これには交流会に参加いただければ、情報が得られます。
あるいは、会に問い合わせてください。
ネットでもある程度確認できますが、最近はステマの可能性もあります。

また、最近では特に海外(特にタイ)で手術を受けられる方も多くいらっしゃい
ます。
こちらもこちらで、トラブルが発生しているケースが散見されるようです。
何か問題があっても全て「No Probrem」で帰されるというような病院もあるよう
です。
海外手術の場合は、再渡航が必要となるためより慎重に選ばなければなりません。

私は先週岡山大学に1週間おり、手術の詳細やインフォームドデショジョン、ア
フターケア、看護の体制などについて見学してきました。
それは、非常に良く考えられた素晴らしいものでした。
東京からではなかなか通うのは難しいのですが、もし一番安全で確実な手術を望
むのであれば、第一選択に上げられるべき医療機関であると確信します。

また、FTMの方の子宮卵巣摘出であれば、開腹や内視鏡を使わないで膣経由での摘
出を行う、深江先生のようなゴッドハンドの先生もいらっしゃいます。、
こうした医療機関を選択肢に加えないのは、不幸であるとも思います。

そこで、gid.jp ではみなさんが手術を受けられる病院選びの一助になればと考え、
来る8月26日(日)に、東京で下記フォーラムを開催することにいたしました。
岡山大学の難波先生を始め、針間先生、深江先生をお招きしてご講演をいただき
ます。病院選びの方法や手術、トラブルの実例などをご紹介いただけます。
また、当日は海外アテンド会社各社にブースを出展いただき、個別相談会も開催
更に、エピテーゼやパスグッズの会社にも来て頂き、その手術が本当に必要なの
かも考えたいと思います。

東京での開催になってしまいますが、ぜひご参加頂き、手術について真剣に考え
て頂きたいと思います。
とにかく、一生に関わる問題です。後悔の無い選択をお願い致します
関連記事
スポンサーサイト

| GID.JP関連のお知らせ | 19:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ペアパッケージを利用したいのですが、お互い手術内容が違う場合にも使えますか?

ペアパッケージを適用条件は以下のとおりとなっていますので、これに条件に合えばペアパッケージのご利用が可能となります。

1. 同時にタイに渡航して同時に日本へ帰国する日程
2. 弊社「コンドータウン」に二名様が同室宿泊
3. 手術内容が同じでなくても適用可能、但し滞在の長い方に合わせた帰国日程
4. 滞在が長い方が手術日が先となります。

2012/07/10現在のペアパッケージ条件です。
関連記事

| よくある質問と回答 | 12:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

かなり使えそうな「グローバルデータ」の海外Wi-Fiレンタルサービス

最近はスマホ(スマートフォン)を使っている方が増えてきていて日常生活でかなり使われています。
このスマホを持って海外に出ると自動的にローミングサービスになるためかなり便利ですが、コストが非常に高く付きます。

そこでお勧めなのが、「グローバルデータ」の海外Wi-Fiレンタルサービスです。
タイの場合は1日480円からレンタルできます。スマホも使いたい場合は680円/日です。
これならインターネットをバリバリ使っても料金はリーズナブルですね。
申し込みはインターネットからできますし、受け渡しも返却も宅配利用や空港でもOKです。
MacでもWindowsでも使える機種を用意しています。。

Wi-Fi対応している、スマートフォンやノートPCをご利用の場合には、WiFiタイプをご利用が便利でしょう。
最大5台まで、同時接続可能ですので、複数台お持ちの方には、おススメです。


これからタイへ手術などで渡航される方どこでもiPhoneなどのスマホやiPadなどタブレットを使いたい人にお勧めします。


タイでのサービスはこちらをご覧下さい。

なお弊社でもタイ専用でもっと安いWi-Fiレンタルサービスを計画中ですので、ご期待下さい!

グローバルデータ - 業界最大手の海外用モバイルデータ通信レンタルサービス

グローバルデータPRビデオ カンブリア宮殿風
関連記事

| お勧めアイテム | 00:08 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

GID診断書がないのですが、ヤンヒー病院で手術できますか?

少々長文となりますので、最後まで精読いただけると幸いです。

1. ヤンヒー病院の場合は乳腺摘出にもGID診断書(英文)が必要ですので、GID診断書未取得ですと手術ができません。見積もりもお願いできません。

ガモン・ホスピタルなら乳腺摘出はGID診断書がなくても手術はできますが、子宮卵巣摘出手術以降はGID診断書がないと手術ができません。
まず、乳腺摘出してから心療内科に通ってGID診断書を頂いてから子宮卵巣摘出手術を行う場合は渡航が2度になるため往復の渡航費用がかさむのが欠点です。

またガモン・ホスピタルの場合タイでGID診断書を二通取得して乳腺摘出+子宮卵巣摘出手術を行う場合ことも可能ですが、裁判所に提出する診断書を帰国後に心療内科の医師に書いて貰う必要が有るため改性できるまでお時間がかかるのが欠点です。

下記のページをご参照下さい。
GIDG診断書取得+FtM(乳房+子宮・卵巣切除)手術パッケージ: http://www.thaisrs.com/package/GID+FTM.html

2. 乳腺摘出に関してはお写真がないとお見積もりができませんので、お写真をお送り下さい。
お手数ですが、デジカメで胸部の写真を撮影して(正面、左右から各一枚)計三枚を送ってください。
いただいたお写真をドクターに確認していただいてから、お見積もりいたします。

写真(画像)の送付方法です。

1.メールに添付して送る:(100KB程度でお願いします)これはご自分が使って
いるプロバイダーによって送れない事もあります。
添付方法:http://www.thaisrs.com/image_send.html

2.ホームページにあるフォームから送る:(100KB以内でお願いします)
http://www.thaisrs.com/hyper_mail/hyper_mail.cgi

3.日本の携帯電話から写メールで送る 送り先メールアドレスはお問い合わせ下さい。

関連記事

| よくある質問と回答 | 23:27 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

8/26(日)の「SRSアテンド会社の合同説明会」への参加に合わせて特別個別相談会を行います。

8/26(日)東京大崎で行われる「SRSアテンド会社の合同説明会」に弊社も参加致しますが、それに合わせて8月25日、27日~28日の3日間で特別個別相談会を行います。

gid.jp東京支部主催で8/26(日)東京大崎にて「SRSアテンド 会社の合同説明会」が行われる予定ですが、これに合わせて個別相談会を大崎に あるニューオータニイン東京にて8/25と8/27~28の3日間のみ11:00~ 21:00で行います。
マンツーマン(一対一)で疑問に思っていることを直接聞いたり、ホーム ページに公開できない資料などをご覧いただけます。
また、SRS術式で迷っている方や手術先を国内か国外か迷っている方は最新情報 を提供可能ですので、この機会にぜひ申し込みを検討していただけると幸いです。

■相談会場:
◎東京 大崎にあるニューオータニイン東京の「ザ・ラウンジ」
⇒JR山手線、埼京線、湘南新宿ライン、りんかい線 大崎駅 北改札口より徒歩1分
東京都品川区大崎1-6-2 TEL:03-3779-9111 FAX:03-3779-9181

パソコンからの申し込み: http://www.thaisrs.com/form/easymailprox/mail.cgi?id=mendansrs

携帯電話からの申し込み: http://www.thaisrs.com/form/easymailprox/imail.cgi?id=mendansrs
関連記事

| 個別相談会関連のお知らせ | 20:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

gid.jp 南東北支部 2012年 7月 交流会 のお知らせ

【 2012年 7月 南東北(いわき)交流会 のお知らせ 】
~ 座談会  「No title!」 ~

暑さを感じる日も多くなってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

南東北支部で座談会を
福島県いわき市で開催する運びとなりましたので、ご案内をさせて頂きます。

今回は、テーマを特に決めずに座談会を行います。
日頃の悩みや、みんなで話し合ってみたいことなど
話のテーマはなんでもありです。
希望により、性同一性障害関連のビデオを
一緒に観たりしながらの話し合いも行う予定です。

ご自分の性別に違和感のある方、性同一性障害の当事者の方、
そのご家族やご友人の方、関係者の方、、、どうかご参加ください。
クローズドな会なので、プライバシーが漏れる心配はありません。
服装も、気にする必要はありませんし、普段押さえ込んでいる感情も、
ここではその必要はありません。
みなさんで、じっくりお話ししましょう。


みなさんのご参加を、心よりお待ちしています。

日時 2012年 7月 16日(月・祝)

13時30分~16時30分
13:00 開場
13:30 開会挨拶・諸注意
13:35 自己紹介と座談会開始
16:30 閉会
17:00 懇親会

会場 福島県いわき市内
※ ご予約いただきますと、詳しい場所をご連絡いたします。

参加費 会員 500円 (会員のご家族・パートナーも含む)
非会員 1000円 (当日入会も可能です)
高校生以下(同等年齢含む) 無料
(学生証または年齢を確認できる公的証明書をご提示ください)

今回は 交流会と懇談会を同会場にて行います。
尚、懇談会は費用別途になります。(2000円程度)


参加資格 gid.jp会員の方、GID当事者の方、およびそのご家族、ご友人の方、
支援者の方、研究者の方などGIDに理解のある方であれば
どなたでもご参加いただけます。
また、性同一性障害に関して相談したい方、gid.jpの活動に興味のある方なども
どうぞご参加ください。 初めての方でも、歓迎致します。
※ 取材や研究目的の方は、必ず事前にお問い合わせください。
meeting-southtohoku◎gid.jp (◎は、@に変えてお送りください)まで、
お申し込みください。
折り返し、開催場所と詳しい案内をお知らせ致します。
関連記事

| GID.JP関連のお知らせ | 22:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

顔の見えない!?アテンド事業者

2010年あたりから結構な数のFTM当事者がタイのSRSのアテンド業務をしていることはこのブログを読んで頂いてる読者の方はすでにご存知かと思います。

当事者であることを売りにしていると思われますが、サイト(ホームページ)を見て気になる点を列記して皆様の業者選びの参考にしていただけると幸いです。

1. 会社として行っているのか個人として行っているのかは別にして、代表者の名前やどんな経歴が分かる記事や写真そして実際に現場でお客様をお世話する担当者の名前や写真が全くないホームページがとても多い事です。

これは店主が顔を見せずにお客様に対応しているようなものです。
そのようなサイト(ホームページ)を見てそれなりに高額になる医療仲介サービスを行う業者を選ぶ人がいることに驚きを禁じえません。

2. ほんの少数を除きほとんどの代表者がタイ語も英語も話せると明言してないホームページが多い事です。

タイ人通訳(観光通訳レベルもいる)を使ってカウンセリング通訳やアテンド業者が行っているところが結構あります。
これはお客様が希望する手術内容が正確に医師に伝わっているかどうか現場で確認できません。

3. 相変わらず手術費用やサービス内容を明記せずパッケージ料金のみ表示しているところもまだあります。
実はこの状況は10年前と比べてあまり変わっていません。

私(横須賀)はこの仕事を始めたスタート時点から手術費用とサービス料金を分けてご案内してきた最大の理由は、自分が利用者だったら料金やサービス内容が明確になっていないところには依頼したくないという理由からです。

4. 手術後のケアーについて責任を持ってケアをしますと言っているサイト(ホームページ)がほとんどですが、実際にはそれを具現化する方法を明示していません。

弊社は私(横須賀)が年2回ほど東京や大阪を中心に地方都市まで回って術後の患者様の術後相談を受付ています。術後の回復状況や心のケアを含めて相談を受けています。
実際にこれを行ことはそれなりのマンパワー(人材の量と質)がないとできることではありません。一人や二人のお客様担当者の数では日本に行く時間が取れません。
幸い弊社は直接お客様に関わる人材が3人体制になってので、この日本での個別相談会を始められましたが、それまではどうすれば日本でのよりよいサポートができるかを悩んでいました。

最後に・・・
始めて2~3年で業務を放棄しまうアテンド業者も過去には少なからずありました。
アテンドしたお客様へのきちんとした説明も他の業者への引き継ぎもなしで連絡がとれなくなるような無責任さにただ呆れます。

アテンド業者選びはとても重要です。 回復のさや術後の結果にも少なからず影響が出ます。
サイト(ホームページ)に顔を出せないような業者は避けたほうが賢明です。
顔を出さないアテンド業者は何もしても顔バレはないと思っているかもしれません。

余計なおせっかいかもしれませんが、アテンド業者選びを間違うと得られるものは少なくて失うものが多いのが現実なのです。

長文失礼しました。
関連記事

| タイのアテンド業者についての考察 | 08:00 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。