バンコクで働く医療コーディネーターTAKEのブログ(FC2版)

タイ・バンコクのSRS(性転換、性別適合手術、美容整形、植毛)やIVF(着床前診断、卵子提供、代理出産)など医療情報を日本語で発信しています。

2012年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2012年 4月 南東北(いわき)交流会 のお知らせ

【 2012年 4月 南東北(いわき)交流会 のお知らせ 】
~ 上映会&座談会  「いわきよりのメッセージ」 ~


東北の地にも桜が咲き始めましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。


急ではありますが、南東北支部として、初の上映会を
福島県いわき市で開催する運びとなりました。

今回は、前回の交流会の時に撮影を行い、GID学会で上映された
「いわきよりのメッセージ」と島田暁監督作品の「しみじみと歩いてる」の上映と座談会を行います。


ご自分の性別に違和感のある方、性同一性障害の当事者の方、
そのご家族やご友人の方、関係者の方、、、どうかご参加ください。
クローズドな会なので、プライバシーが漏れる心配はありません。
服装も、気にする必要はありませんし、普段押さえ込んでいる感情も、
ここではその必要はありません。
みなさんで、じっくりお話ししましょう。


みなさんのご参加を、心よりお待ちしています。

日時 2012年 4月 30日(月・振替休日)

13時30分~16時30分
13:00 開場
13:30 開会挨拶・諸注意
13:35 自己紹介と上映会・座談会開始
16:30 閉会
17:00 懇親会

会場 福島県いわき市内
。※ ご予約いただきますと、詳しい場所をご連絡いたします。

参加費 会員 500円 (会員のご家族・パートナーも含む)
非会員 1000円 (当日入会も可能です)
高校生以下(同等年齢含む) 無料
(学生証または年齢を確認できる公的証明書をご提示ください)

今回は 交流会と懇談会を同会場にて行います。
尚、懇談会でのご飲食、お食事代は別途頂戴致します。(2500円程度)


参加資格 gid.jp会員の方、GID当事者の方、およびそのご家族、ご友人の方、
支援者の方、研究者の方などGIDに理解のある方であれば
どなたでもご参加いただけます。
また、性同一性障害に関して相談したい方、gid.jpの活動に興味のある方なども
どうぞご参加ください。 初めての方でも、歓迎致します。
※ 取材や研究目的の方は、必ず事前にお問い合わせください。
meeting-southtohoku◎gid.jp (◎は、@に変えてお送りください)まで、
お申し込みください。
折り返し、開催場所と詳しい案内をお知らせ致します。
関連記事
スポンサーサイト

| 全般・お知らせ | 21:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

みんなで作るジェンダー・クリニック・マップを公開します

性同一性障害(GID)に対応している全国の病院・クリニックの医療機関のマップです。今まで実際に伺ったジェンダークリニックや教えてもらったメンタルクリニック場所をグーグルマップで作ってみました。

少し古い情報もありますので、ご利用は自己責任でお願い致します。
当事者の方からの投稿やコメントも歓迎致しますので、よろしくお願いします。


より大きな地図で みんなで作るジェンダー・クリニック・マップ を表示
関連記事

| みんなで作るジェンダー・クリニック・マップ | 00:09 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

タイのガモン・ホスピタルでのSRS手術経験談

タイのガモン・ホスピタルでのSRS手術経験談です。なにかご参考になればと思います

【タイに行くまで】

帰国後すぐに動けないことを想定して揃えたもの

*お尻が痛くならない自転車サドルカバー(あまり使えないかも、、ですが

http://home.att.ne.jp/blue/kirico/outdoor3.html

*買い物に行くキャリーバック

自転車に乗れないので、スーパーで買い物した物を運ぶために。


【帰国して】

コンドームの通販
http://www.condo-m.com/

ゴム手袋
アスマルで買えます
http://www.asmaru.com/

ダイレーションのやり方は病院のようなベッドがないので
自宅のベッドにビニールシート(レジャーシートなど)をひいて
ダイレーションのサポートベルトを引き、あとは病院と同じです

エアコンをつけていると、どうしても乾燥気味になり
ダイレーターにつけたゼリーが乾燥してします場合があります

あるいは入りにくい日などは、最初入れてから、20分ぐらいしたら
一旦だし、再度ゼリーをつけて入れると入りやすいです


最初のころは、ワンサイズ小さいダイレーターを入れてから
後で太いのに変えてました

ダイレーターは時々洗い、また膣内は下記のようなビデを使っていましたが
あまりやりすぎると膣内を痛めるのでほどほどにしたほうがいいようです
http://store.shopping.yahoo.co.jp/frontier/14-311-41.html


大陰唇に下着やナプキンによると思われる擦れができ、とても痛い思いをしました
1年を経て、ようやく治ってきましたが、地方へ出向いているときに耐え切れなくなり
ホテルで紹介を受けた、産婦人科に行ってみましたが、SRSそのものに知識がなく
GIDに関しても皆無でした

ホルモン療法なども含めてSRSしてからの治療は、専門医に絞られてくるような
感じがします


【胸】
GIDオペと、豊胸がセットになったプランでされる方が多いと思いますが
病院でのオペ後ですが、ダイレーションと胸のマッサージが同時に行われるので
どうしても、胸の痛みに耐えるのが必死でダイレーションがおろそかになるようでした

帰国してからの胸のマッサージですが

プレマリンクリームを最初に塗ります

ちょうど、平たい胸の上に肉まんが乗っているイメージを持ち(笑)
肉まんの紙のついている部分(一番下のほうです)を上下左右に動かすような
イメージを持つと効果があるようです

他には、右手で左の胸の脇から真中へ引っ張るようにし、左手を
肩から後ろへぐぐ~っと伸ばすようにします
これを両方向すると柔らかくなります

胸のマッサージはネットで調べましたが、どれも純女さんのマッサージで
シリコンをいれたマッサージはあまり見当たらないようです

胸そのものをマッサージするより、付け根のところの皮膚を伸ばすような
感じをもつといいようです


その他

【*手術代金の国際送金について】
私はUFJ東京三菱で送りましたが、なかなか送金自体が高額なため難しく
対応している支店が少ないです。

何のために送るのか?、お金はどこで準備したのか?等々尋ねられました
手術の料金だと言うと、そんなにいるのかと失礼な事を受けました

送金はタイに行くわりと直前にあることが多いと思いますので、対応している
支店をよく調べたほうがいいようです


【*健康診断】
健康診断書を書いてもらうには保険が効かなく一般的にどこでも
高く(2~3万)時間もかかることが多いです

私が行ったところは下記です(英語記載可)1万ぐらいでした
http://www.nagashio.jp/


日本に帰って思ったのは、SRS前の情報、あるいはGIDそのものに関する情報は
多いのですが、SRS後の情報は極めて少なく、またSRSをしようと思っている人から
「いいなぁ~」といったような目で見られるのか
自慢話に聞こえがちで、あまり話さない人が多いようです


【*円座】
病院でもらった円座はつい最近まで使ってました

なかなか、東京で円座を持って電車に乗ったりするのは恥ずかしいのと
座ったり立ったりが多い仕事場ではつらいものがありました。

職場では、無印商品で売っている低反発クッションをU字型に切り抜き
ちょうど、トイレの便座のように作り変えて使ってました
http://www.muji.net/store/cmdty/detail/4934761388335

市販のものは一長一短があり自分で加工するのがいいようです


*服装に関して
術後、患部をなるべく乾燥させたほうがいいのは私も思いましたが
実際、夏季でもない限り寒い日本でなかなかできることではなく
わたしもつらい思いをしました

そこで、いいと思ったのは

スカートをはく場合

生足(何も靴下を履かない)でいられればいいでしょうが、そうもいかない時は

ガーターベルトにストッキングがよいです
そんなになやましいものでなく会社でもOKなのがありました
★http://www.okadaya.co.jp/hobby/

パンツとガーターベルトを履く順番を間違えないようにすれば多少時間は
かかりますが、慣れれば結構使えます


ヒップ部の広くなっているタイツはこの前お話しした通りです

他には、サルエルパンツという腰部がゆったりめのパンツがあります
これもよかったです(どこにでも売ってるものではありませんが
最近ですとユニクロ系列のGUというサイトで「ゆるぱん」というのが
あります。

タイツ、ジーンズはピタッとしたものを履かない、ワンサイズ上の着るのがいいようです

可能であれば、患部にあまり枚数がいかないほうがいいようです

例:ジーパンだと、パンツにジーパン。ショートパンツだと、パンツにタイツにショートパンツ
スカートだと、パンツにストッキング。

つまり、パンツ(下着)の上にあまり重ねない方がいいです

服装は自分の好みがあると思います。感じとしてヒップ部を圧迫しないような物が
いいです。さがすと結構あるし、サイズを大きくするだけでも効果はあります


【*下着など】

コットンのもので肌触りのいいものがよいようです
オススメはワコールの普通のショーツです

http://www.wacoal.jp/product/disp/CSfLastGoodsPage_001.jsp?GOODS_CD=PPA101&SEASON_CD=12SS


【*ナプキンについて】
使ってみてよかったと思ったのは

ソフィー:ボディフィット軽やかスリムの羽なし(17,5cm)
羽ありはオススメしません

ソフィー:ふわごごち(パンティーライナー)

ナプキンはかなり色々種類があり、使っているうちに自分にあったものを
見つけるようにした方がいいです。試した中ではソフィーがよかったですが
これも、いつも同じではなく患部の変化と共に変わっていきました

また、本来の目的と違うところもあるので、試してみるしかないです


【*体調管理】

とにかく体力気力共におちます(他の方も同じようにおっしゃってました)
疲れやすい、SRSを受ける前の自分との差異に落胆する、、などなど鬱になります

日々の食事で、肉、プロテインなどのたんぱく質をしっかり取ることが大事のようです
あとは、いくらでも寝れるのでとにかく寝てました(笑)


【*戸籍変更】
実はまだ変更が終わってないのですが、大森様に電話で聞いた
大学病院の診断書に関しての話は事実かもしれません。

つまり、自分のところの病院で手術してない患者にたいして診断書を
書いていいものか、、、云々というとこです

その後、針間メンタルに行き診断書を書いてもらえるようになりましたが
ここまで、待っていた当事者としては理解できないところがありました。
関連記事

| タイSRS体験談 | 12:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

昨日バンコクに戻りました。

第7回個別相談会を終えて昨日深夜にバンコクに戻りました。

今回の日本出張はGID学会の出席やガモン医師とのカウンセリングのセッティングなどかなり重要なイベントを含んだものでしたので、とても有意義なものとなりました。

少々疲れもありますが、日本で感じたことや聞いたことなどを徐々に書いていきたいと思いますので、ご期待下さい!

20120319_100059_1.jpg
2012/03/19 岡山城に向かう橋の上で
関連記事

| 全般・お知らせ | 16:31 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

池袋テレビのインタービュービデオ 「タイ女性から卵子提供で受精~出産まで」

池袋テレビのインタービュービデオのご紹介


池袋テレビについて Love IkebukuroTV!!
地域密着型インターネットTV。多彩な池袋情報と池袋人の笑顔を、好きな時間に、何度でも視聴できます!

~SPtakaニュース~

卵子提供や男女産み分けのプログラムを、タイ(バンコク)で、現地の医療機関と提携しながら
コーディネイトしている「タイランドIVFサポートセンター」の横須賀武彦。
池袋で患者との相談会を開催、そしてインタビュー。

日本の晩婚化に伴って、不妊治療や卵子提供を希望する人が増えてきた。男女産み分けでは、女の子を希望する女性が増えた。
卵子提供プログラムでは、タイ人女性から提供を受ける場合で、医療費、渡航費、謝礼、滞在費すべて含めて190万円から。
日本人女性から提供を受ける場合では、250万円から。
現地滞在は、最初に2泊3日の検査。その後に10日間ほどの治療、処置、移植など。
ちなみにタイの医療技術は、SRSなどの症例数で日本の100倍もあるという。
卵子提供とは、高齢の女性が、若い女性の卵子提供を受けて、自分の夫との間で体外受精し、それを女性の子宮に着床させるというもの。以降は帰国して日本の産婦人科で診察を受けながら日本で出産し、子供は自分の子供として戸籍に入れる。
男女産み分けとは、夫婦が現地に渡航して体外受精し、受精卵の染色体を診断し(着床前診断)、XとYの染色体の関係から、男女を判断するもので、相当な確率で正確性を持つといわれる。希望の受精卵を女性の子宮に戻して、希望した男女を産み分けるというもの。

http://ikebukurotv.com/news/10-sptakanews/440-news20120405taka

タイランドIVFサポートセンター:http://www.thaiivf.com/
関連記事

| 卵子提供・代理出産 | 20:21 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ありがとうございます。60歳になりました。

本日2012年4月2日に私(横須賀)は還暦を迎えて満60歳になりました。

ガモン医師の奥様のオームさんから誕生日プレゼントをいただきましたので、画像を上げて感謝に代えたいと思います。

P1030884-2.jpg

ガモン医師とのカウンセリングが進行中ですが、かなりいい感じでカウンセリングが進んでいます。

明日までガモン医師とのカウンセリングがありますが、最後までいい感じで終われると幸せですね。

関連記事

| 全般・お知らせ | 22:31 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

誰もが「悔いのない人生を送りたい」と思っていますが・・・

私(横須賀)は自分を大事にできない人生は意味がないと感じるこの頃ですので、今回見つけた記事は「そのとおり!」と強く同感しました。
自分を殺さず他人も殺さず、自分の好きなことを抑えず自分のやりたいことを諦めずにどうすれば実現するのか考えながらコツコツと積み上げて行く人生が理想でしょうか。

私(横須賀)の人生の指標
・できない理由を探して人のせいにしたり、自分を卑下したりして自分を納得させないで生きる人生
・一気に目標を達成しようとせず少しづつ毎日確実に積み上げていけば必ずできると信じて生きる人生

60歳になっても私(横須賀)は懲りずにこう思います。⇒ 「いつで人生の仕切り直しはできる」

~ この世・あの世を知る ~様より転載

オーストラリアの看護師が、おそらくホスピスであろう病棟で短い余命を知った患者に聞いた、”もし今日が人生最後の日だったら、あなたは後悔を口にしますか。それはどのようなものですか。”という問いに対する回答トップ5である。

特に日本人は多くの方に聞いて頂きたい内容だ。
マイペースな生活で知られるオーストラリアの人が感じるのだから、固い人間が多い日本人は余計に後悔するであろうと思われる。

ここからPouch[ポーチ] 様より転載

もし今日が人生最後の日だったら、あなたは後悔を口にしますか。それはどのようなものですか。

人生最後の時を過ごす患者たちの緩和ケアに数年携わった、オーストラリアの Bronnie Ware さん。彼女によると、死の間際に人間はしっかり人生を振り返るのだそうです。また、患者たちが語る後悔には同じものがとても多いということですが、特に死を間近に控えた人々が口にした後悔の中で多かったものトップ5は以下のようになるそうです。
 
1. 「自分自身に忠実に生きれば良かった」
「他人に望まれるように」ではなく、「自分らしく生きれば良かった」という後悔。Ware さんによると、これがもっとも多いそうです。人生の終わりに、達成できなかった夢がたくさんあったことに患者たちは気づくのだそう。ああしておけばよかった、という気持ちを抱えたまま世を去らなければならないことに、人は強く無念を感じるようです。
 
2. 「あんなに一生懸命働かなくても良かった」
男性の多くがこの後悔をするとのこと。仕事に時間を費やしすぎず、もっと家族と一緒に過ごせば良かった、と感じるのだそうです。

3. 「もっと自分の気持ちを表す勇気を持てば良かった」
世間でうまくやっていくために感情を殺していた結果、可もなく不可もない存在で終わってしまった、という無念が最後に訪れるようです。
 
4. 「友人関係を続けていれば良かった」
人生最後の数週間に、人は友人の本当のありがたさに気がつくのだそうです。そして、連絡が途絶えてしまったかつての友達に想いを馳せるのだとか。もっと友達との関係を大切にしておくべきだった、という後悔を覚えるようです。
 
5. 「自分をもっと幸せにしてあげればよかった」
「幸福は自分で選ぶもの」だと気づいていない人がとても多い、と Ware さんは指摘します。旧習やパターンに絡めとられた人生を「快適」と思ってしまったこと。変化を無意識に恐れ「選択」を避けていた人生に気づき、悔いを抱えたまま世を去っていく人が多いようです。
 
以上、どれも重く響く内容でした。これを読んで、あなたは明日からどう過ごしますか。
(文=阪井亮太)

****** Pouch[ポーチ] 様より転載終了 **********

~ この世・あの世を知る ~様より転載

 我々はどうしても、必死に働き必死に生きる。余裕すらないその必死さが人生の勲章であり、ガムシャラに頑張る事が最後に後悔しない生き方だと思いがちだと思う。
人によっては、余裕が無ければ無いほど、自分を犠牲にすればするほど後悔の少ない立派な人生だという思い込みがある。
 私も以前はそうであろうと思っていた。しかし、はたしてそうだろうか?と疑問を感じていたのだが、これを読んで確信した。やはり、人間苦労する為だけに生きている訳ではない。自分を押し殺す為に生きているのではない。
もちろん人の事を考え、気遣いは大事、仕事を一生懸命にするのは当然の事だが、その上で自分らしさ、自由は思い切り出すべきなのだ。
 自分が自分として生まれて来た以上、仕事に対しても、人に対しても、自分として体当たりすれば良い。
自分のできる事を出来る範囲で頑張り、自分のしたい事はどんどん行動する。人に迷惑をかけない範囲で思い切り自分を出し、押し殺さない。おかしい事は我慢せず意見をぶつける。
 むしろその方が余裕が出来、人に対しても心から優しく出来ると思う。

****** 転載終了 **********

私(横須賀)は後悔しない生き方をしたいです。

関連記事

| 全般・お知らせ | 08:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。