バンコクで働く医療コーディネーターTAKEのブログ(FC2版)

タイ・バンコクのSRS(性転換、性別適合手術、美容整形、植毛)やIVF(着床前診断、卵子提供、代理出産)など医療情報を日本語で発信しています。

2011年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今日はプイの4*歳の誕生日です。

プイ

今日は弊社スタッフのプイの4*歳の誕生日です。
プイとは2006年以来5年のお付き合いです。困ったときにいろいろ助けてもらったことは一生忘れません。

プイのことは初めてブログで書きますが、面と向かっては照れもあってなかなか口に出せないのでここに書いておきます。
プイには本当に重要な仕事をしてもらっています。感謝、感謝ですね。

プイにお世話にならなかった患者さんはいないと思いますので、一度電話で「誕生日おめでとう。何歳になりましたか?」とからかってみてください。
日本からは国際電話となってしまいますが、1分程度なら高くないでしょう。 +66-86-105-5438
関連記事
スポンサーサイト

| 全般・お知らせ | 08:57 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

膣式子宮附属器全摘手術(膣式子宮卵巣摘出術)がタイでも可能です。

日本の石川県金沢市にある深江レディースクリニックが行なっている膣式子宮附属器全摘手術と同じ術式をタイでも可能です。

膣式子宮卵巣摘出はお腹に傷が残らず回復も早いのでお勧めします。

滞在9日間パッケージ料金:178,600バーツ 円料金:46万円 前後

料金の内訳

★手術費用:100,000バーツ

滞在9日間 (入院2日、コンドータウン7泊)
予め日本の医療機関で大きな子宮筋腫がないかどうかの検査をお願いします。

■アテンダンス料金:78,660バーツ
(往復航空券と宿泊費用、GID診断書一通の取得費用などを含みます。詳しくはこちらをご覧ください。)

◎航空券はFIXタイプ(帰りの日程変更不可) ご希望によりOPENチケットも手配可能です。

お問い合わせや詳細は下記のページをご参照下さい。
膣式子宮附属器全摘手術(膣式子宮卵巣摘出術) http://www.thaisrs.com/FTM_VH.html
関連記事

| 全般・お知らせ | 20:47 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

盲腸の手術をしているのですが、全腹腔鏡下子宮全摘手術は可能ですか?

【 ご質問 】
全腹腔鏡下子宮全摘手術の場合、内臓、消化器の手術をしている場合、開腹手術のみとなっていますが、自分は以前、盲腸の手術をしているのですが、その場合も開腹手術のみでしょうか?

【 回答 】
盲腸手術をしていても腹腔鏡による手術は問題ないそうです。
関連記事

| FtM関連 | 11:13 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

gid.jp北陸支部交流会のお知らせ

【 gid.jp北陸支部交流会のお知らせ 】

【日時】
2012年1月29日(日)14時00分~18時00

13:30 受付
14:00 開会
*「北陸支部総会」*
14:30 参加者 自己紹介
15:50 休憩
16:00 *「胸オペ体験談」 *
16:30 全体交流
17:50 閉会 かたづけ

18:30 懇親会

※当日の進行に合わせて時間を変更することがあります。
※途中参加、途中退席可能です。

【会場】
金沢市内の福祉会館
※ご予約いただきますと、詳しい場所をご連絡いたします。

【参加費】
会員500円(会員のご家族・パートナーも含む)
非会員1000円(当日入会可能)
高校生以下無料

【懇親会】
閉会後、会場をかえて懇親会を行います(参加費3,000円程度)
懇親会だけの参加も可能ですので、お問い合わせください。

【参加資格】
gid.jp会員、GID当事者、ご家族・ご友人、支援者、研究者の方など
GIDに理解のある方であればどなたでもご参加いただけます。
また、GIDに関して相談したい方、gid.jpの活動に興味のある方も
是非ご参加ください。学生の方や初めての方も歓迎致します。

【参加申し込み】
参加される方のお名前(通称可、ただし、姓名とみなせる名前でお願いします)と
参加人数をお書きになり、meeting-hokuriku☆gid.jp (☆は@に変更ください)まで、
お申し込みください。 折り返し、開催場所と詳しい案内をお知らせいたします。

【その他】 お茶お菓子をご用意いたします。差し入れ、持ち込み歓迎です。
<差し入れ、持ち込みいただける方へのお願い>
*アルコール飲料はご遠慮ください。
*切り分ける必要がなく、そのまま配れるもので、お願いいたします。

以上
北陸支部 上田 陽奏(うえだはるか)
関連記事

| 全般・お知らせ | 13:43 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

レジリアンス(回復力)という言葉を知りました

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

最近、レジリアンスという言葉を知りました。

「回復力」と訳されていますが、『もともとは、環境変化によって影響を受けた生き物が元に戻る力』という、エコロジーの分野の言葉だったそうで、言ってみれば、“逆境から立ち直る能力”です。

現代は身体だけでなく心も強いレジリアンス(回復力)が必要な時代であると感じます。

この先、何がおこるのか、何が待っているのかについて、私たちは予め知ることができませんし、コントロールすることもできません。

でも、何が起ころうとも、そこから立ち直る力、レジリアンス(回復力)は、自分たちで意識すれば高めるられるフォース(力)であるはずです。

おこったことに翻弄されて、自分や周囲を責めてみても、そこからは何も生まれません。

今日から始まった年を、よい年に“する”ように、レジリアンスを強くしたいそして、よい年に“なる”ように、祈りたい、私(横須賀)は強くそう思います。

そのレジリアンス(回復力)、それも強いレジリアンス(回復力)を身につけるにはどうすればいいのか?

答えは自分の意識の中にあるはずです。自分で探し、試す試行錯誤の繰り返しの中から強いレジリアンス(回復力)生まれてくる気がします。

皆様にとって幸多い年であることを願っています。
関連記事

| 全般・お知らせ | 13:22 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。