バンコクで働く医療コーディネーターTAKEのブログ(FC2版)

タイ・バンコクのSRS(性転換、性別適合手術、美容整形、植毛)やIVF(着床前診断、卵子提供、代理出産)など医療情報を日本語で発信しています。

2008年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

なぜ推薦状が不要なのか?

【 質問 】

・どの仲介会社も推薦状を必要としています。なぜ不要なのですか?(主治医が推薦状を書いてくれなくなり困っていました。推薦状がないのはすごく助かるのですが、ない理由が気になります。)

【 回答 】

推薦状の件に関しては他のエージェントが必要としているのに、当社がなぜ必要でないのかを説明するのは、簡単です。つまりクリニックから必要と言われてないからです。

他のエージェントが必要と言っている理由は不明です。

【 質問 】

・内摘・腟閉鎖・延長・睾丸まで実施した場合、内金はいくらをいつまでに振込まなければいけないでしょうか?

【 回答 】

当社への予約金を申し込みから5日以内に日本の口座に入金していただき、、クリニックへの内金として50,000バーツ(睾丸インプラント用)を手術前1ヶ月前までにクリニックに送金していただいています。


関連記事
スポンサーサイト

| SRS/FTM | 17:17 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

声の女性化の詳細ページがオープンしました。

声の女性化の詳細ページができましたので、お知らせいたします。

http://tsgcomori.thaisrs.com/ (PC・携帯ともにこのアドレスです)

手術をお考えの方の参考になれば幸いです。


【手術に行くまで】

◆お酒・刺激物(辛いもの)等をなるべく控える
◆タバコは1か月前からやめる
→タバコを吸うと声帯が腫れて盛り上がり、声帯の間に隙間が出来やすくなるため、嗄声(させい・かすれ声のこと)になりやすくなります。術後は特に弱った喉にダメージを与えます。どうしても止められない方は、病院や薬局等の禁煙ガムやパッチなどを利用する方法もあります。

◆風邪をひかないように注意する(健康状態の管理)
→喉の状態が良くないと、スケジュール通りに手術が受けられないことがあります。1か月前から健康管理をまめに。

◆耳鼻咽喉科で声帯の写真を撮ってもらう
→ヨーサガン・クリニックで手術を受ける場合、声帯の撮影の出来るスコープのある耳鼻咽喉科で術前の声帯の写真を撮ってもらっておくと、術後に日本に帰ってきた後に役立つことがあります。術後の回復の経過が芳しくないときに再度写真を撮影してもらい、それをタイの先生に確認してもらうというように使います。
ノンカム・フルタイムで「近くの病院を利用したくない」という方は、なるべく若い先生のいる個人病院等を探してみると良いかもしれません。事前に電話をして「声帯の写真を撮ってもらえるか」「その写真をもらうことは出来るか」ということを確認しておけば無駄足を踏まずに済みます。
ヤンヒー病院での術式の場合は、声帯を直接いじるわけではないので写真を撮らなくても大丈夫でしょう(☆手術直前の検査で撮ることもあるそうです)

関連記事

| 声の女性化 | 22:12 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ガモン・クリニックの動画 (youtubeから)

去年のセミナーで配布したCDにも入っていたものですが、youtubeにありましたので、ご紹介しておきます。(英語です。)


関連記事

| ガモン病院 | 04:53 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

両替の帰りは危なくないですか?

【 質問 】

手術代金の両替えのため銀行に行っての帰り、狙われて取られてしまうような ことはないですか?

【 回答 】 

当社の担当者が車で送迎同行しますので、心配ありません。
関連記事

| よくある質問と回答 | 10:03 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「陰嚢の皮膚量と質も診断します」とは?

【 質問 】

ガモンクリニックのHPに「膣の深さを調べる為にペニスと陰嚢の皮膚量と質も診断します。」 とあったのですが・・・・質で使えなかったと言う例はあるのでしょか?
【 回答 】

陰嚢の皮膚の伸縮性や脱毛のなどのダメージをチェックしているようです。
今まで問題のあったケースはありませんでした。
これは弊社で事前にメールなどで注意を促しているためかと思います。

関連記事

| ガモン病院 | 02:03 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

MTF手術の受けるクリニック選びのポイントは?

【 質問 】

質問なのですが、外見だけでクリニックを選択しない方が良いとのことですが、クリニックを選択する際はどういった点に注意して選べば良いのでしょうか?


【 回答 】

例えばスポーン・クリニックの外性器形成は他のクリニックに比べて術式が違うためたいへん自然な感じに仕上がります。また陰茎と陰嚢の状態に関わらず6インチの深さの膣を保障してます。
しかし反面、術後2~3ヶ月後の膣の萎縮が極めて強いので日常生活に支障が出ます。
会社勤めの方ではほぼ仕事にならない状態になりかねません。より自由業の方に向いていると思います。

ガモン・クリニックは外性器の仕上がりと料金のバランスが良いと思いますが、陰茎と陰嚢の状態によっては深さが4インチ程度しか確保できないケースもあります。
この問題は現在では他の部位などからの皮膚移植でカバーでいますが、せいぜいプラス1インチ程度です。


クリニック選びのポイント

1.いつの深さはどこまで必要なのか?
パートナーがいる方はパートナーの外性器の長さが長い場合、4インチ程度の深さでは支障が出る場合があります。

2.メンテナンスの容易さはどうか?
術後長い間膣の拡張作業をしなければならないのに、この作業をサボる人がいます。
このような性格に人には結腸法による手術を検討する必要があると思います。


このように人それどれ術後の仕事や生活設計によって術式とクリニックを決めることが大切であると思います。

当社はこのような観点から、効率が悪いのを承知で手術先を1つに限定せず複数の手術先をご案内しています。

関連記事

| SRS/MTF | 21:02 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日本国内でGID診断書が取れませんが、手術可能ですか?

【 質問 】

私はパスできない事や、親類等との関係もあってどうしても男性の姿のまま生活しなければならないのですが、せめてSRS手術だけでも受けたいと考えています。
見た目も服装も男性のままだとやはりまずいのでしょうか?

国内で何箇所か病院を回ったのですが、全て女装してない事や、女性に見えない事を理由に門前払いを食らったり、診断がもらえなかったりで終わってしまいました。
そこでタイへ行って診断書を取得して、SRS手術まで受けたいと思ったのですが、診断がもらえないケースがどんなケースなのか具体的によく分からないし、気になって仕方がないのでこの度問い合わせさせて頂きました。
今まで何度か遠方まで無駄足をした事はありましたが、さすがに海外まで無駄足をしたくないという事もあるので…。

【 回答 】

やはり原則的に言いますと、女性装や女性に女性的なしぐさや行動は重要なポイントにはなります。
しかし、本来GIDは精神的なものですので、他の精神的な精神的な病気を抱えていなければGID診断書取得は不可能ではありません。

まず、当社で企画している「手術前カウンセリング・GID診断取得パッケージ」をご利用になって来ていただくのが一番かと思います。

もちろん、単純に身一つで渡航されるのではなく周到な準備をしてからとなります。

渡航前の準備項目

1.ホルモン治療を最低6ヶ月以上行うこと。(病院やクリニックまたは個人輸入を利用する)

2.パートタイムでもいいので、女性装を実践していただく。(プライベートな時間を使ってという意味です。)

3.時期が来ましたら、渡航する時期を決定していただき、正式な申し込みをいただく。

4.身上書とホルモン治療暦を作成していただき、当社までメールに添付してあるいはFAXにて送っていただく。

5.当社で英訳してカウンセリングに備えます。

6.渡航をして精神科医のカウンセリングを受けていただき、診断書を取得します。

7.手術を希望されるクリニックに出向き、執刀医のカウンセリングを受けて問題なければ手術予約を入れていただきます。(後日、帰国後に手術日を決定していただいても構いません。)

以上が準備概要です。よろしくご検討ください。


関連記事

| SRS/MTF | 12:09 | comments:13 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。