バンコクで働く医療コーディネーターTAKEのブログ(FC2版)

タイ・バンコクのSRS(性転換、性別適合手術、美容整形、植毛)やIVF(着床前診断、卵子提供、代理出産)など医療情報を日本語で発信しています。

2006年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新しい空港(スワンナプーム空港)の困った装置?

新しい空港(スワンナプーム空港)オープン初日にお客様を送るために行ってきました。

ドンムアン空港より全ての部分で良くなっていますが、ひとつだけ困ったものがありました。

スワンナプーム空港内のマルチメディアディスプレイの末端


これがインターネットやE-メール、そして公衆電話として使える末端装置ですが、タイ語と英語のみ対応です。

日本人でこの末端装置で電話かけることができる人はいったい何人いるのでしょうか?
近くを見ても説明書もありませんでした。

もし、このまま一般的な電話機が設置されないとすると、お客様送迎で会えない場合などにお客様に電話してもらうことも困難でしょう。

マルチ言語対応するなり、日本語の説明書を置くなりしないと大変なことになりそうです。



関連記事
スポンサーサイト

| タイ国内関連ニュース | 16:41 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

各病院・クリニックごとの予約状況など、分かりますでしょうか?

・スポーン・クリニック:半年以上先まで予約が一杯です。

・ガモン・クリニック:予約状況は50%程度です。ご希望日の前後ならほとんど予約が入ります。

・ピチェート整形外科センター:予約状況は40%程度です。ご希望日の前後ならほとんど予約が入ります。

・ヤンヒー病院:予約状況は非公開ですが、医師が複数いますので、予約はほぼ希望日に入ります。

希望日に沿った予約を入れたい場合は、最低3ヶ月前くらいの予約をお勧めします。
関連記事

| 病院・クリニック情報 | 13:48 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クーデターに関して

タイではクーデターは単なる政権交代です。

「クーデター」や「厳戒令」の言葉の意味が日本とタイでは違うといってもいいくらいです。

日本及び日本人記者はクーデターに対して過剰に反応している感じがします。

タイ及びバンコクは普通の日常が営まれています。当然、医療機関も正常に動いていますので、SRSも問題ありません。


SRSを含め全ての事例でそうですが、ニュースソースは複数取らないと間違う可能性があります。

ちなみに私がお勧めな情報ソースは「タイと日本のはざまでいつになったら日本へ帰れるんだろう・・・そんな男の独り言」です。
関連記事

| タイ国内関連ニュース | 11:53 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

健康診断なのですが、診断の結果を、書面にしてタイに持参するのでしょうか?

まずは画像化してメールで送ってください。

★あなたのパソコンからメールで画像の送る方法★

その後、訪タイ時に持参してください。

なお診断書ですが、本来は英語で診断書を書いてもらうのがベストですが、日本では健康診断を英文で書いてくれるところは、ほとんどありません。

そこで、検査結果を貰ったら、検査科目の脇か下に英語で項目名を書き加えてください。そうすれば、タイの病院で理解できます。

画像化するにはスキャナーが必要ですが、スキャナーの無い方もいらっしゃるので、この場合は航空券手配担当者宛までFAXしていただいても結構です。
関連記事

| よくある質問と回答 | 21:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

申し込みの前に「一般健康診断Bをして下さい」とありますが、必ず必要なのですか?

タイでは手術を受ける前には全員がレントゲンと心電図そしてHIV検査が必須です。

従いまして、本来なら日本から来られるお客様の場合は、こちらに来て手術前に健康診断すればOKです。

しかし、もし、健康診断をしないで訪タイをした場合、現地で健康診断することになりますが、この際に健康上の問題が見つかって手術できなくなる可能性が否定できません。このリスクを回避するためにお申し込みの皆様に事前のお願いしています。

手術予約申し込みする段階で、手術日まで1ヶ月を切っている場合は、申し込み後すぐに健康診断とHIV検査をしてください。

手術予定がだいぶ先の場合は、申し込み後でも構いません。訪タイ前1~2ヶ月くらいになったら健康診断とHIV検査を受けてください。

≫ Read More

関連記事

| よくある質問と回答 | 21:21 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

入院中に日本食を食べたいのですが・・・

病院のレストランでは注文できません。

ガモン・クリニックとピチェート整形外科センターでは入院中に何回か日本食お弁当を買ってきてくれます。

自前で確保する場合は電話によるデリバリーサービスが一般的です。

有名なのは「富士レストラン」です。http://www.fuji.co.th/wwwfuji/

OISHI(おいし)という日本食レストランもありますが、名前に反して美味しくないです。

また、ご飯はありますので、日本からお好きな漬物やフリカケなどを持参して食べるのも良いと思います。
関連記事

| よくある質問と回答 | 20:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「バンコクなび」というサイトで紹介してるレーザー・クリニック

「バンコクなび」というサイトで紹介しているレーザー・クリニックでは日本語対応がまったくできないのに、日本人にお勧めであるような感じで紹介していました。

日本語対応できるクリニックをどうして紹介しないのかちょっと不思議に思いましたが、よく考えてみると合点がいきました。要はその紹介記事は広告記事だからですね。
広告料金をもらえないものは載せないのだろうと思い至りました。

レーザー治療といってもさまざまですが、あまり安易に紹介して欲しくないというのが本音です。言葉のギャップから治療効果が得られないケースはよくあることだからです。

少なくても医学的治療を受けるなら日本語対応のクリニックか、キチンとしたアテンダンス会社を使って欲しいものです。(宣伝ではありません。"(^.^)")
関連記事

| 全般・お知らせ | 02:43 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

レンタル用品ついて

ゲーム機レンタルを始めました。

レンタルできる機種は「NINTENDO DS Lite」です。

レンタルフィーは1日当たり100バーツ(315円前後)です。


NINTENDO DS Lite


任天堂の携帯ゲーム機「ニンテンドーDS」を薄型軽量にした上位機種で2006年3月発売。

 2つの液晶画面、無線LAN通信、タッチスクリーンや音声入力による操作などのユニークな機能と、高齢者や女性など今までゲームと縁の薄かった層にアピールするゲームソフトのラインアップで人気を博したニンテンドーDSの上位機種です。基本的な機能や性能はそのままに、本体サイズを縦横それぞれ約1cm、厚さを約7mm小型化し、重量を約60g削減しています。また、液晶画面をより明るくし、4段階の輝度調整機能を搭載しました。こうした変更点を踏まえ、「軽い」「明るい」の意味から「Lite」と名付けられたようです。

以下のソフトが付属しています。ご自分で気に入ったゲームなどをお持ちになっても面白かもしれません。


THEトランプ


上海


旅の指先会話帳DS

関連記事

| お勧めアイテム | 23:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新しいピチェート整形外科センター

ピチェート整形外科センターが新しく以前のクリニックの道路を挟んだ斜め前に新装オープンしました。

まずはエントランス付近です。大画面の液晶テレビが設置されています。

入り口付近です。


次はエントランス脇にある応接セットです。日本人にはちょっと腰が引けるスタイルですね。

入り口脇にある応接セット


次は日本人必須の大画面でのADSLインターネット接続環境です。こんな設備があるのは今のところ、ここだけです。もちろんSkypeも設定済みです。

ADSL接続のパソコン


最後は大画面でプレーできるゲーム専用?パソコンです。

大画面でゲームが楽しめます。


2階には、トリートメント・ルームが3室あります。これで余裕を持って術後のケアができますね。

3~4階はピチェート医師と家族の住まいとなっています。

ここの唯一の弱点は車を止めるスペースがほとんどないことです。 (笑)
関連記事

| 病院・クリニック情報 | 12:37 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ご注意!ヤンヒー病院を扱うサイトが増殖中

以前からそうですが、特に最近はヤンヒー病院を扱う業者のサイトが増えている感じがします。

ツアー会社まで便乗してきています。"(*_*)"

どのサイトも例外なく、いかにもヤンヒー病院が、タイで一番であるような錯覚を起こすような美辞麗句を並べて推薦しています。

しかし・・・現実はそのような良い点ばかりではありません。"(T_T)"

どこの病院、クリニックにも良い点と悪い点が必ずあります。メリットのみ書いてデメリットを書いてないサイトは要注意です。性転換手術をビジネスとしてのみ扱っている感じが「ヒシヒシ」と伝わってきます。 (笑)

どこの誰が現地で通訳やアテンドをしてくれるのか、まったく公開していないサイトは要注意です。現地のタイ人ガイドはほとんど医学用語を知りません。陰茎を「おちんちん」、乳房は「おっぱい」なんて通訳されたら目が点になりませんか?

観光ガイドやアルバイトの日本語ができるタイ人だけでは、日本人が納得できる肌理が細かくて、痒いところに手が届くような医療アテンダンスはできないと思います。夜中の2時に、電話に出てくれると期待しないほうがいいです。 (笑)

また、現地責任者の名前や情報、そして責任者の顔が見えないサイトには更なる注意が必要です。(書いていないのは、現地責任者はいないということと同じですね。)

安さのみを強調するサイトにもご注意ください。良い術後ケアには費用がかかりるものです。ケアの内容(ケアのレベル、用具や付属する用品)についてきちんと確認しましょう。"(^_-)"

とにかく、ひとつのサイトの説明を鵜呑みにしないで、いくつかのサイトに問い合わせしてみることをお勧めします。その違いに目からうろこが落ちるかも。
関連記事

| ヤンヒー病院 | 02:54 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。