バンコクで働く医療コーディネーターTAKEのブログ(FC2版)

タイ・バンコクのSRS(性転換、性別適合手術、美容整形、植毛)やIVF(着床前診断、卵子提供、代理出産)など医療情報を日本語で発信しています。

2006年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

手術に当たってホルモンはどのくらい前から中止しますか?

【 ご質問 】

手術に当たってホルモンはどのくらい前から中止しますか?

【 回答 】

飲用の場合は2週間前から、注射の場合は1ヶ月前から中止してください。

タバコも1ヶ月前には中止してください。

関連記事
スポンサーサイト

| よくある質問と回答 | 19:21 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あなたのPCにSkype(スカイプ)をインストールすれば、世界中から無料で相談できます。

オンライン状況

「オンライン」と表示されている時にクリックすれば、私を呼び出びだせます。

Skyoeを使った無料インターネット電話相談をぜひご利用ください。

Skypeダウンロードはこちらです。
関連記事

| 全般・お知らせ | 13:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

最近FTMの問い合わせが増えました。

FTMのページを設置してからなのですが、ここ最近若いFTMからの問い合わせが増えました。

中には16歳の方もいて返答に苦慮しています。
受け入れ先のひとつであるヤンヒー病院では18歳以下は不可です。

またガモン・クリニックでは、親権者の同伴が必須条件でOKですが、子宮、卵巣摘出どまりまでしかできません。

気持ちはわかるのですが、慌てずにもう少し自分としっかり向かい合って、学業をしっかりとこなし、日本語をしっかり読み書きできる日本人、そして人間としてしっかりとした人格を作ってからSRSすることが大事ではないかと思っている今日この頃です。
関連記事

| SRS/FTM | 01:23 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

空港送迎の驚くべき違い

最近、他のアテンダンス業者を使ったことのあるお客様をアテンドしました。

その方が「空港送迎と言ってもいろいろあるのですね。」と言っていました。

「???」と思い、何か違いがありますか?と聞きましたら、自分が経験した話を聞かせてくれました。

1.空港に着いても迎えが来ていなくて、空港職員の携帯電話を借りて担当者に電話したところ「宿泊先まで自分で言ってください。」と言われて驚いたこと。

2.帰りはチェックインカウンターまで付き添わず、建物に入ったところで「バイバイ(さよなら)」して帰ってしまったので、チェクインカウンターでは言葉がわからず困ったこと。

こんなアテンダンス内容で、お客様からクレームは無いのでしょうか?
私にはとても信じられない話でした。


関連記事

| 全般・お知らせ | 20:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

水道水はきれいですか?、そのまま飲めますか

見た目はきれいですが、飲めません。

飲料水やミネラルウォーターを飲みます。

> 洗顔や歯磨きには使用できますか?

使えます。

> 一度沸かさなければならないですか?
> 病室にはお湯を沸かす設備ってありますか?

無料で飲料水が用意してありますので、それをご利用下さい。
また湯沸しポットや保温ポットにお湯が用意してあります。
関連記事

| よくある質問と回答 | 19:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ベッドでの休憩ですが、なるべく日差しを避けたいのですが可能ですか?

病室内にはカーテンのありますので、日よけの問題は心配ありません。

また個室でのすので、他人への配慮も不要です。
関連記事

| よくある質問と回答 | 19:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ヨーサガン・クリニックでは声の女性化手術を月に何人行っているのでしょうか?

電話でクリニックに確認したところ、平均月15人程度だそうです。

これは日本人だけではなくすべての国の患者さんの数字です。
関連記事

| よくある質問と回答 | 19:13 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

タイ国王即位60周年に絡んで受ける迷惑の一こま

今日から本格的にタイ国王即位60周年行事が動き出した感じです。

日タイ友好フォーラム主催の「プーミポル国王陛下在位60周年記念祝賀行事」の広報活動のためTTVに出演してきました。15:00~16:00の生放送でした。
初めてのテレビ出演で少し緊張しましたが、何とか乗り切りました。(笑)

問題は、そこからの帰りです。車では渋滞して動けないと思ったので、地下鉄に乗って、途中スクンビットで乗り換えるつもりでした。

スクンビットまではとてもスムーズに移動できましたが、BTSでの乗り換え駅構内では、まさに帰宅ラッシュ状態でした。
出る人、入る人が何のルールも無く、また係員の誘導も無いまま無秩序に動いていました。

日本では、朝夕のラッシュで慣れていますし、係官の誘導は当然ありますね。
しかし、ここタイでは決断できるレベルの人は駅構内にはいないようで、まったくの放置状態でした。切符を買うまで20分くらいかかったような気がします。その間、周りを見渡すと一人のファラン(西洋人)が「ジャイイェン、イェン!ジャイイェン、イェン(落ち着いて!落ち着いて!)」と叫んでいるのが見えました。 (笑)

私が責任者なら、切符を買わずに入構できるようにシステムを変更するように指示しますね。責任者と思しき人はついに現れませんでしたが。 (笑)
関連記事

| タイ国内関連ニュース | 23:03 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。