バンコクで働く医療コーディネーターTAKEのブログ(FC2版)

タイ・バンコクのSRS(性転換、性別適合手術、美容整形、植毛)やIVF(着床前診断、卵子提供、代理出産)など医療情報を日本語で発信しています。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

潮目が変わる「代理出産はインドからジョージアへ」

【10月29日 AFP】インド政府は28日、外国人がインド人女性を代理母とした代理出産を利用することを禁じる方針を明らかにした。活況に沸く同国の代理出産業界にとって大きな痛手となることが予想される。

インドでは近年、安価で合法的かつ手軽に代理出産を依頼できることから、子どものいない外国人カップルが殺到。健康産業界は、インドにおける代理出産市場の規模を90億ルピー(約170億円)、年間成長率を20%と見積もっている。

その一方で、法整備の欠如から代理出産でインドの貧しい若い女性たちが「子宮を貸し出す」事態になっているとの批判も出ている。

政府は、代理出産業界に関する申し立ての審理が行われている最高裁判所に提出した宣誓供述書のなかで、「商業代理出産を政府は支持しない」としたうえで、「外国人は、インドの代理出産サービスを享受することはできない」と表明。代理出産は「インド人の夫婦のみ」が利用できると明言した。(c)AFP/Trudy HARRIS

http://www.afpbb.com/articles/-/3064651
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151029-00000016-jij_afp-int

こうなりますと、ジョージアの代理出産がますます注目されるようになるでしょう。
http://www.georgiasurrogacy-japan.com/

| 卵子提供・代理出産 | 14:08 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

精子提供者体験談 2013年6月

精子提供者の体験談 2013年6月

【はじめに】
今回、たまたま縁あってタイランドIVFサポートセンターの精子ドナーの登録をし、2013年6月、2泊3日の行程でバンコクへ渡って来ました。

【出発前】
渡航前、センターのスタッフと日程、宿泊先等について綿密に打ち合わせることができ、何の不安もなく出発しました。こちらの要望等、細かく配慮して頂けました。

出発直前には、緊急電話用コイン入りで、入国カードの書き方など懇切に記載されたパンフレットも送付されて、とても心強かったです。

【往路】
スワンナプーム空港での待ち合わせ場所も、事前に丁寧に分かりやすく指示されていたため、何の問題もなくスムーズに日本語の堪能な現地スタッフと合流することができました。

【現地にて】
今回、現地での宿泊はわずか2日と、大変短い日程でしたが、その分日本での仕事への影響は少ないし、短期間ではあれそれなりに観光も楽しむことができました。

現地宿泊先については、当初予定されていた場所が比較的狭いなどということで気を遣って頂き、2日目からは急きょ広い部屋使わせてもらえました。

変圧器も貸してもわえましたし、部屋には冷蔵庫も置いてあり、飲料水等十分に用意してくれていました。

また、日本のテレビ番組がほとんど全く見られるようになっているなど、随所に細やかな配慮が感じられました。

今回、一人での渡航ということで、その点は若干不安でしたが、現地でもセンターのスタッフに食事に誘ってもわうなどしたため、寂しいと感じることもほとんどなかったです。
今思えば、もっと遠慮せず、ダメ元で、スタッフに観光などに連れて行ってもらえないか甘えれば良かったです。

【採精手続について】
採精手続についてですが、看護婦、医師の丁寧な問診を受け、詳細な血液検査も受け、いずれの数値も問題ないということで、予定通り無事採精することができました。

精液検査の結果、運動率が普段の数値より低いということでしたが、全体の行程に影響が出るほどのことはないということでホッとしました。

このように普段の数値より低かった理由としては、今回の日程が、6時間を超えるフライト(機内では体力温存に努めてはいましたが、エコノミー席で、ジェットエンジンの轟音の中、眠りも浅く、どうしても限度があります)の翌日、早朝からの手続であったことも少なからず影響しているように感じます。
もう少し余裕のある日程を組めていたら、より良質のものを提供できたのかなと、その点では残念でした。

【帰路】
帰路についても、センタースタッフが送迎はもとより、空港カウンターでのチェックイン、手荷物預けまで付き添って下さり、安心して帰国の途につくことができました。

【最後に】
今回、微力ながら人の役に立てたことに喜びを感じています。センターのスタッフにもとても良くして頂きました。機会があれば、また協力させて頂きたいです。

| 卵子・精子提供体験談 | 12:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

卵子提供体験談 2015年4月

卵子提供体験談2015年4月

今回の渡航は乗り換え便だったので、乗り換え時間が結構ありましたが、空港内で無料wifiが使えたりしたので、時間をつぶす事ができました。

今回は2度目のバンコクだったので、飛行機を降りてから急ぎ足でイミグレーションまで進み、荷物を受け取ったのでかなりスムーズに入国することができました。

待ち合わせ場所でも迷う事なくスタッフの方と待ち合わせする事ができたので、よかったです。
同じ時間に飛行機が何機かつくと思うので、入国の際は機内でイミグレーションカードを記入を終わらせておいて且つ、ちょっと急ぎ足で進まれるといいかもしれません。

コンドミニアムも広さがちゃんとあり落ち着いているので、過ごしやすかったです。日本のテレビ番組を見る事ができるし、Wi-Fiも繋がっているので楽しくすごせました。掃除も定期的にしにきていただけますし、必要な物はそろっていて、気に掛けていただきすごく過ごしやすかったです。

何よりも助かったのは、連絡を取る事ができる携帯電話とポケットwifiを支給していただける事です。街に出てもケータイで色々探す事ができるし、何か困ったときはスタッフの方が対応してくれたりするので、安心して過ごす事ができました。
初めてのタイのときは外でWi-Fiを使えなかったので、公共施設で使えるところを探したりとかなり大変でしたが、ポケットWi-Fiを渡してもらえるなら安心だなと思いました。

街に出て帰ってくるときにtaxiがつかまらなかったのですが、警察にtaxiのりたい事を伝えると、警察の人が対応してくれてtaxiに乗せてくれたので帰れました。どうしてもというときはポリスに頼むといいかもしれません。
英語が流暢に話せなくてもタイの人は結構優しいのでゆっくり聞いてくれるので^^

クリニックの先生も、すごくフレンドリーな先生で、優しくて安心して受診できました。日本語をちょっと使うところがすごく可愛かったです(笑)
薬の説明なども担当の方がしっかりしていただけるので分かりやすくてよかったです。
採卵まで不安なく過ごすことができました。
クリニックの行き帰りも送っていただけるので買い出しに連れて行って貰えたりと過ごしやすい環境でした。

横須賀さんを含めスタッフの方はタイで探しているモノを伝えるとすごく親身になって探してくれて、とても助かりました。タイ語がわからないためとても助かりました。
初回の診療時にはクリニック近くのタイ料理屋さんに連れて行っていただいてごちそうになりました。タイ料理苦手だったのですが、そこのお店はとてもおいしかったです。診療後は探していたものが売っているだろうと思われるスーパーに連れて行っていただいて、手に入れる事が出来ました。ココナッツのおやつもおいしかったです。お世話になりました。

実は最初こちらのIVFサポートセンターのインターネットに書かれている噂では良いことが書かれていなかったので、不安でしたが実際に来てみたらインターネットで書かれている事は全く事実ではないということがわかって安心しました。

| 卵子・精子提供体験談 | 23:45 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

グルジアの代理出産のご案内

タイ・バンコクで日本人向けに代理出産をご案内していたタイランドIVFサポートセンターが代理出産が合法でより確実で安心なグルジア国の「代理母&卵子提供生殖医療センター」と提携をして日本人向け代理出産のサポートを始めました。
http://www.thaiivf.com/tie-up/georgiasurrogacy-japan/index.html

代理母&卵子提供生殖医療センターについて
Dr.Tamar Khachapuridze

代理母&卵子提供生殖医療センターは、2000年に設立されました。

当センターは子供のいない悩みを抱えたカップルの為の「未来への希望」協会長Tamar Khachapuridzeによって設立されました。彼女は医師であると同時に一男一女の子供の母親でもあり妻でもあります。当センターは不妊に悩むカップルの権益保護を第一に考えています。私達は不妊カップルが抱える問題や子供がいない女性の心理を理解しています。

不妊カップルの皆さんに法的アドバイスや現代の生殖医療と他選択肢などの情報提供を無料で行っています。

2000年以前まで意外な事ですがグルジアでは「代理母」という言葉は知られていませんでした。代理母と卵子ドナー候補探しはセンター設立後にスタートしました。設立当時から保健省の積極的なサポートを得てきました。当センターそして代理出産というものが、グルジアのメディアから注目されるようになりました。当センターはこれまでに過去に多くのグルジアの医療関係及び一般新聞雑誌に掲載されました。多くのテレビ番組でも取り上げられ、現代ではグルジア人の間でも一般的に「代理母出産」が知られるようになってきました。代理母や卵子ドナー希望を名乗り出る人達も増えてきて、これにより不妊カップルへの多大な恩恵を与えています。

| 卵子提供・代理出産 | 13:51 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

風疹について

日本で風疹の予防接種を受けてないまたは1回しか受けていない方を中心に妊娠中に風疹にかかりお子様が先天性風疹症候群になる事例が多くなっているようです。

不妊治療前に抗体検査と予防接種を受けておくことをお勧めします。
昭和54年4月2日~昭和62年10月1日生まれた方は一度抗体検査を受けることをお勧めします。

参考ページURL:
先天性風疹症候群の発生防止(風疹流行による先天性風疹症候群発生の懸念)
http://www.kenkou.pref.mie.jp/topic/fusin/crs.htm

風疹に関して、心配しておられる女性のためのQ&A
http://www.jsog.or.jp/news/html/announce_20130625.html

| 卵子提供・代理出産 | 15:32 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT