バンコクで働く医療コーディネーターTAKEのブログ(FC2版)

タイ・バンコクのSRS(性転換、性別適合手術、美容整形、植毛)やIVF(着床前診断、卵子提供、代理出産)など医療情報を日本語で発信しています。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

タバコに含まれる放射性物質について

喫煙席、喫煙コーナー、喫煙所、喫煙室およびその周辺は、タバコ煙に含まれる放射性物質ポロニウム210による内部被ばくのおそれがあるので、絶対に立ち入らないで下さい。



1. タバコにポロニウムが相当量(0.51~0.60pCi/本)含まれていることは事実である。
2. 燃焼すると、タバコ煙中の毛髪状粒子に吸着する。
3. タバコのフィルターは何の効果もなく、97%まで通す。
4. 吸引すると気管支分岐部がホットスポットとなり、毛髪状粒子が高濃度に吸着する。
5. ホットスポットのポロニウムが十分に肺がんを引き起こすことも証明されている。
タバコ産業の科学者による見積もりによれば25年間に喫煙者1000人のうち120~138人の超過死亡がおこると計算できる。
6. タバコを吸うとベンツピレンなどとの複合汚染となり、高率に肺がんを引き起こす。
7. タバコ産業は1980年にはすでに酸処理やレジンフィルター処理でポロニウムを99%除染する方法を知っていたが、何の対策も行わなかった。
8. 日本はタバコに世界で最も高濃度のポロニウムが含まれている国の一つである。
9. 副流煙にも主流煙の1~4倍のポロニウムが存在し、受動喫煙は危険である。
10.まだ喫煙を続けている方は、これらの事実から、直ちに喫煙を中止してほしい。
11.すべての喫煙所・喫煙室・喫煙コーナー・喫煙席をただちに閉鎖し、タバコ・吸い殻・タバコの灰・タバコの煙は放射性物質と認識して取り扱い、これらがある場所に人は近づいてはならない。

2011年10月17日
日本禁煙学会 理事長
作田 学

詳しくはNPO法人日本禁煙学会のホームページをご参照下さい。

スポンサーサイト

| タバコの害を知ろうキャンペーン | 14:02 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

たばこの煙、少量でも肺やDNAにダメージ=米報告書

今回の記事は前回に続き「タバコの害」について

[ワシントン 9日 ロイター]

米国の公衆衛生政策を指揮する当局者は9日、直接間接を問わず吸い込むたばこの煙がたとえわずかな量でも肺やDNAにダメージを与えると警告する報告書を発表した。

 ベンジャミン医務総監は、声明で「たばこの煙に含まれる化学物質は、煙を吸い込む度にすぐに肺まで到達し、即座にダメージを与える」と説明。「ほんのわずかな量を吸い込むだけでDNAが損傷し、がんの発症につながる」と警告している。

 また報告書は、たばこ会社が故意に製品の習慣性を高めたり、安全性をうたう新製品でも実際の危険性や習慣性にはほとんど差がないとも指摘。その上で、喫煙率を下げるためには、課税や禁煙法制化、治療などを進めなくてはならないと訴えている。


やっはり日本のタバコ製造システムはタバコの害を認めて謝罪すべき時期に来ていますね。

| タバコの害を知ろうキャンペーン | 12:53 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

禁煙によりうつが改善されることが明らかに

禁煙が身体によいことは明らかですが、精神の健康についてはどうなのでしょうか?喫煙者の多くが不安や憂うつを抑えるためタバコを役立てていると言われることもあり、禁煙の精神衛生上の効果については医師や科学者たちはこれまで懐疑的でした。

しかし、最新の研究で禁煙中の人々のうつの症状を追跡調査したところ、禁煙に成功している期間中、人々はそれまでにないほどハッピーであったという結果が出たそうです。

詳細は以下から。
http://gigazine.net/news/20101207_quitting_makes_you_happier/

| タバコの害を知ろうキャンペーン | 18:53 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

見た目にも影響する喫煙による7つの弊害

ルックスに悪影響も、思わずタバコをやめたくなるかもしれない喫煙による7つの弊害

1:肌が乾燥し、ダメージを受けやすくなる

2:鼻から口にかけてしわができやすくなる

3:乾癬(かんせん)の危険

4:皮膚癌

5:抜け毛

6:ヤニで歯が黄色くなる

7:つめの黄変

詳しくこちらへ ⇒ http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20101203_quit_smoking/

| タバコの害を知ろうキャンペーン | 23:58 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

タバコ会社の巧妙な罠

タバコは、吸い込みやすいようにそして短期間でニコチン中毒になりやすいように、そして麻薬と同じようにやめられにくいように薬品を混ぜて作ってあります。これが現在、市販されているタバコです。 

 タバコに添加されている薬品は600種類にも及び、その添加物には、発がん性がある物も加えてあります。この事実をWHO(世界保健機関)のブルントラント長官は、2001年5月15日に各国に伝えました。日本国民がこの事実を知らないのは、日本政府が公表していないからです。(WHOは1972年にアスベストに発がん性物質である事を各国に伝えましたが、日本政府はこの事を国民に伝えませんでした。)

 タバコをやめれないのは、タバコ会社の巧妙な罠にはまったからです。しかし、タバコはやめないと、若い時から喫煙を始めた人の2人に1人は70才までに、タバコが原因で病死します。今では、楽に禁煙できる方法もあるので、早急に禁煙を決意されることを望みます。

http://www.asunet.ne.jp/~kakehiro/99-73.html

以下はWHO(世界保健機関)の長官が各国に送ったメッセージの抜粋です。
詳細は原文をお読み下さい。

http://www.who.int/inf-pr-2001/en/pr2001WHA-1.html
「タバコとは、人間を殺す前に一生涯喫煙者にすべく、ニコチンを適切に投与するように手落ちなく巧妙に作られた製品です」

グロ・ハーレム・ブルントラント博士(WHOの長官)

「たばこは、定められた使用法により殺される唯一の製品です。」
タバコ会社がタバコに添加している添加物が科学者により同定されました。
タバコ会社は発癌性物質や有害化学物質をタバコに添加しています。
タバコ会社がタバコに添加している化学物質を全て明らかにすることを要求します。

2007年のWHOのメッセージの和訳
http://www.nosmoke55.jp/wntd2007.html

| タバコの害を知ろうキャンペーン | 12:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。