バンコクで働く医療コーディネーターTAKEのブログ(FC2版)

タイ・バンコクのSRS(性転換、性別適合手術、美容整形、植毛)やIVF(着床前診断、卵子提供、代理出産)など医療情報を日本語で発信しています。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

潮目が変わる「代理出産はインドからジョージアへ」

【10月29日 AFP】インド政府は28日、外国人がインド人女性を代理母とした代理出産を利用することを禁じる方針を明らかにした。活況に沸く同国の代理出産業界にとって大きな痛手となることが予想される。

インドでは近年、安価で合法的かつ手軽に代理出産を依頼できることから、子どものいない外国人カップルが殺到。健康産業界は、インドにおける代理出産市場の規模を90億ルピー(約170億円)、年間成長率を20%と見積もっている。

その一方で、法整備の欠如から代理出産でインドの貧しい若い女性たちが「子宮を貸し出す」事態になっているとの批判も出ている。

政府は、代理出産業界に関する申し立ての審理が行われている最高裁判所に提出した宣誓供述書のなかで、「商業代理出産を政府は支持しない」としたうえで、「外国人は、インドの代理出産サービスを享受することはできない」と表明。代理出産は「インド人の夫婦のみ」が利用できると明言した。(c)AFP/Trudy HARRIS

http://www.afpbb.com/articles/-/3064651
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151029-00000016-jij_afp-int

こうなりますと、ジョージアの代理出産がますます注目されるようになるでしょう。
http://www.georgiasurrogacy-japan.com/
スポンサーサイト

| 卵子提供・代理出産 | 14:08 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

グルジアの代理出産のご案内

タイ・バンコクで日本人向けに代理出産をご案内していたタイランドIVFサポートセンターが代理出産が合法でより確実で安心なグルジア国の「代理母&卵子提供生殖医療センター」と提携をして日本人向け代理出産のサポートを始めました。
http://www.thaiivf.com/tie-up/georgiasurrogacy-japan/index.html

代理母&卵子提供生殖医療センターについて
Dr.Tamar Khachapuridze

代理母&卵子提供生殖医療センターは、2000年に設立されました。

当センターは子供のいない悩みを抱えたカップルの為の「未来への希望」協会長Tamar Khachapuridzeによって設立されました。彼女は医師であると同時に一男一女の子供の母親でもあり妻でもあります。当センターは不妊に悩むカップルの権益保護を第一に考えています。私達は不妊カップルが抱える問題や子供がいない女性の心理を理解しています。

不妊カップルの皆さんに法的アドバイスや現代の生殖医療と他選択肢などの情報提供を無料で行っています。

2000年以前まで意外な事ですがグルジアでは「代理母」という言葉は知られていませんでした。代理母と卵子ドナー候補探しはセンター設立後にスタートしました。設立当時から保健省の積極的なサポートを得てきました。当センターそして代理出産というものが、グルジアのメディアから注目されるようになりました。当センターはこれまでに過去に多くのグルジアの医療関係及び一般新聞雑誌に掲載されました。多くのテレビ番組でも取り上げられ、現代ではグルジア人の間でも一般的に「代理母出産」が知られるようになってきました。代理母や卵子ドナー希望を名乗り出る人達も増えてきて、これにより不妊カップルへの多大な恩恵を与えています。

| 卵子提供・代理出産 | 13:51 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

風疹について

日本で風疹の予防接種を受けてないまたは1回しか受けていない方を中心に妊娠中に風疹にかかりお子様が先天性風疹症候群になる事例が多くなっているようです。

不妊治療前に抗体検査と予防接種を受けておくことをお勧めします。
昭和54年4月2日~昭和62年10月1日生まれた方は一度抗体検査を受けることをお勧めします。

参考ページURL:
先天性風疹症候群の発生防止(風疹流行による先天性風疹症候群発生の懸念)
http://www.kenkou.pref.mie.jp/topic/fusin/crs.htm

風疹に関して、心配しておられる女性のためのQ&A
http://www.jsog.or.jp/news/html/announce_20130625.html

| 卵子提供・代理出産 | 15:32 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

池袋テレビのインタービュービデオ 「タイ女性から卵子提供で受精~出産まで」

池袋テレビのインタービュービデオのご紹介


池袋テレビについて Love IkebukuroTV!!
地域密着型インターネットTV。多彩な池袋情報と池袋人の笑顔を、好きな時間に、何度でも視聴できます!

~SPtakaニュース~

卵子提供や男女産み分けのプログラムを、タイ(バンコク)で、現地の医療機関と提携しながら
コーディネイトしている「タイランドIVFサポートセンター」の横須賀武彦。
池袋で患者との相談会を開催、そしてインタビュー。

日本の晩婚化に伴って、不妊治療や卵子提供を希望する人が増えてきた。男女産み分けでは、女の子を希望する女性が増えた。
卵子提供プログラムでは、タイ人女性から提供を受ける場合で、医療費、渡航費、謝礼、滞在費すべて含めて190万円から。
日本人女性から提供を受ける場合では、250万円から。
現地滞在は、最初に2泊3日の検査。その後に10日間ほどの治療、処置、移植など。
ちなみにタイの医療技術は、SRSなどの症例数で日本の100倍もあるという。
卵子提供とは、高齢の女性が、若い女性の卵子提供を受けて、自分の夫との間で体外受精し、それを女性の子宮に着床させるというもの。以降は帰国して日本の産婦人科で診察を受けながら日本で出産し、子供は自分の子供として戸籍に入れる。
男女産み分けとは、夫婦が現地に渡航して体外受精し、受精卵の染色体を診断し(着床前診断)、XとYの染色体の関係から、男女を判断するもので、相当な確率で正確性を持つといわれる。希望の受精卵を女性の子宮に戻して、希望した男女を産み分けるというもの。

http://ikebukurotv.com/news/10-sptakanews/440-news20120405taka

タイランドIVFサポートセンター:http://www.thaiivf.com/

| 卵子提供・代理出産 | 20:21 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日本人のB型卵子ドナー登録が続けて4人!

8月に入ってから日本人のB型卵子ドナー登録が続けて4人の登録がありました。

いままでこんな早いタイミングで登録があったことはありません。

朝日新聞に卵子提供の記事が載ったり、「女性自身」をいう雑誌に記事が乗ったのが理由かもしれませんが、歓迎すべき動向ですね。
お友達を誘って卵子ドナー登録をしてみるのも良いかもしれません。

卵子提供者(エッグドナー)に応募できる方の条件は以下のとおりです。

・満18才~32才までの健康で責任感のある女性
・18~19歳の場合は親権者の同意書が必要です。)
・性病を含む感染症・遺伝疾患を持たない方
・遺伝的要因による疾患をお持ちでない方
・たばこ・薬物・アルコール等の依存症でない方
・精神安定剤を常用服用をしていない方
・医療検診等でクリニックへの通院又は通院の為のタイ滞在が可能な方(19日間前後)
・近親者でがん患者や障害者などがいない方
・卵子提供の結果誕生した子供の親権を一切放棄できる方
・高校卒以上の学歴がある方
・タイでの卵子提供体験談を書いていただける方
・未婚・既婚不問。 出産経験者も歓迎

卵子提供登録受付フォーム:
http://www.thaiivf.com/easymailprox/mail.cgi?id=egggdonorregist

卵子ドナー情報を閲覧見たい方は「卵子提供者(エッグドナー)情報閲覧申請フォーム」から申請をお願い致します。
http://www.thaiivf.com/easymailprox/mail.cgi?id=eggdonorreference

>>>>>>詳しくはタイランドIVFサポートセンターのサイトをご参照下さい。<<<<<<
http://www.thaiivf.com/


| 卵子提供・代理出産 | 18:45 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。